栄養成分表示の計算方法とは。炭水化物・食塩相当量・熱量の計算

栄養成分表示に関係する計算について、炭水化物の計算式、食塩相当量の計算式、熱量の計算式を食品表示のプロがわかりやすく解説します!

栄養成分値は外部機関に分析を依頼した場合でも、一部は計算によって算出されているものがあります。そういった栄養成分に関する計算を知っておくと、数値を確認する際等に役に立ちますよ。

栄養成分表示の計算方法【炭水化物・食塩相当量・熱量】

炭水化物の計算式

食品表示基準では「炭水化物」は基本的には計算によって算出されます。

<計算式>

炭水化物(g)= 100g-{たんぱく質(g)+脂質(g)+水分(g)+灰分(g)}

※100g当たりの値の計算式です。

たんぱく質、脂質、炭水化物、水分、灰分を合計すると単位重量(上記は100g)となる事から、炭水化物以外を分析し、それぞれの分析値を基に算出する形となっています。

又、炭水化物は「糖質」「食物繊維」に分けられますが、糖質も食物繊維の分析値から算出されます。

<計算式>

糖質(g)=炭水化物(g)-食物繊維(g)

これらの計算を知っておくと、一部の値のみしかわからなかった場合に残りの成分の算出ができたり、値の推測ができたりします。

食塩相当量の計算式

「食塩相当量」は「ナトリウム」の値から算出します。

<計算式>

食塩相当量(g)=ナトリウム(mg)×2.54÷1000

食塩相当量を計算する際の注意点

計算する際には食塩相当量とナトリウムで単位が異なりますのでご注意ください。

食品表示基準施行前の古い分析結果等ではナトリウムの値のみで食塩相当量の記載がない事があります。そういった際には上記の計算式をご利用ください。

熱量(エネルギー)の計算式

最後は「熱量」の計算です。

「熱量」は基本的にはたんぱく質、脂質、炭水化物から算出します。最も簡単な計算式は下記の通りです。

<計算式>

熱量(kcal)=たんぱく質(g)×4kcal+脂質(g)×9kcal+炭水化物(g)×4kcal

基本的にはこちらの計算式で問題はないのですが、「糖質」「食物繊維」を表示する場合にはそれらを考慮した計算が必要になるため、計算式が複雑になります。

消化性の違いから、換算の計数が異なるためです。

<計算式>

熱量(kcal)=たんぱく質(g)×4kcal+脂質(g)×9kcal+糖質(g)×●kcal+食物繊維(g)×●kcal

上記の計算式で「糖質」「食物繊維」の係数が●になっていますが、これは種類によって異なるためです。

係数の具体例としては下記の様な物が挙げられます。

係数の例

【糖質】

  • 一般的な糖質(糖類等)    4kcal
  • エリスリトール、スクラロース 0kcal
  • マルチトール等        2kcal
  • ソルビトール、キシリトール等 3kcal

【食物繊維】

  • 寒天、キサンタンガム等 0kcal
  • 難消化性デキストリン等 1kcal
  • グァーガム、プルラン等 2kcal

上記の様に難消化性の糖質や食物繊維を表示しますと計算が複雑化します。

他の原料由来の食物繊維等とあわせて考えると判り難い事になりますので、分析を行う事もおすすめします。

わかりやすい栄養成分表示に関する記事

一括表示の新表示切り替えについてご紹介。食品表示法が施行され、新たな食品表示基準では栄養成分表示が義務化されました。栄養成分表示の項目名、食塩相当量、最小表示の値、栄養強調表示の基準、値の求め方等の新ルールをわかりやすく解説します。経過措置期間もご注意ください。
食品表示法の施行とともに、「原則として全ての予め包装された一般消費者向け加工食品及び添加物」において表示が義務付けられた「栄養成分表示」について、基本的な表示方法をご紹介。文字サイズや表示の順番、表示値の許容差の範囲など、オージーフーズの品質管理スタッフが詳しくわかりやすく解説いたします。
一括表示の新表示切り替えについてご紹介。食品表示法が施行され、新たな食品表示基準では栄養成分表示が義務化されました。栄養成分表示の項目名、食塩相当量、最小表示の値、栄養強調表示の基準、値の求め方等の新ルールをわかりやすく解説します。経過措置期間もご注意ください。

食品表示に関する記事、栄養成分表示に関する記事、プロが解説するわかりやすい記事をたくさんアップしていますので、ぜひ併せて読んでみてくださいませ。

また、オージーフーズ品質管理部では、栄養成分分析のご依頼も承っています。

新商品開発時だけでなく、新たに通販を開始するといった場合にもご活用いただけるサービスです。詳細は下記サービスページをご参照くださいませ。

栄養成分分析サービスの詳細はこちら ≫

あとがき

今回は栄養成分表示の基本5項目の熱量、炭水化物、食塩相当量の計算方法について解説いたしました。

栄養成分表示の一部の値は計算で算出されています。計算方法が分かると、分析が必要な項目、不要な項目がわかったり、各数値の相関から表示値の間違いに気づきやすくなったりします。ぜひ知っておきたいポイントですね!

皆様の商品の食品表示や栄養成分表示はいかがでしょうか。

気になる点や、プロに確認してみてもらいたい点はありませんか。

もし、食品表示に関してお困りごとがありましたら、オージーフーズ品質管理部のサポートサービスをお役立ていただけたらと思います。

品質管理部へのお問い合せフォームはこちら ≫

お電話でのお問い合せはこちら
TEL:03-5367-2327
(営業:平日9時~17時半)

それでは、今回の記事は品質管理部の和田が担当いたしました。

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

個人的な今年の目標は運動がてらの散歩(食べ歩き)を継続することです。

オージーフーズ品質管理部メールマガジン2019年1月発行号

The following two tabs change content below.
和田
和田
品質管理歴15年の品質管理部アシスタントマネージャーです。前職は健康食品メーカー。趣味はB級グルメ食べ歩き。

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。
お問合せはこちら≫