栄養成分表示に関係する計算について

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

株式会社オージーフーズ、品質管理担当の和田です。

今回は栄養成分表示に関係する計算について説明いたします。

栄養成分値は外部機関に分析を依頼した場合でも、
一部は計算によって算出されているものがあります。

そういった栄養成分に関する計算を知っておくと
数値を確認する際等に役に立ちます。

1.炭水化物

食品表示基準では「炭水化物」は基本的には計算によって算出されます。

<計算式>
炭水化物(g)= 100g-{たんぱく質(g)+脂質(g)+水分(g)+灰分(g)}
※100g当たりの値の計算式です。

たんぱく質、脂質、炭水化物、水分、灰分を合計すると単位重量
(上記は100g)となる事から、炭水化物以外を分析し、
それぞれの分析値を基に算出する形となっています。

又、炭水化物は「糖質」「食物繊維」に分けられますが、
糖質も食物繊維の分析値から算出されます。

<計算式>
糖質(g)=炭水化物(g)-食物繊維(g)

これらの計算を知っておくと、一部の値のみしかわからなかった場合に
残りの成分の算出ができたり、値の推測ができたりします。

2.食塩相当量

「食塩相当量」は「ナトリウム」の値から算出します。

<計算式>
食塩相当量(g)=ナトリウム(mg)×2.54÷1000

計算する際には食塩相当量とナトリウムで単位が異なりますので
ご注意ください。

食品表示基準施行前の古い分析結果等ではナトリウムの値のみで
食塩相当量の記載がない事があります。
そういった際には上記の計算式をご利用ください。

3.熱量(エネルギー)

最後は「熱量」の計算です。
「熱量」は基本的にはたんぱく質、脂質、炭水化物から算出します。
最も簡単な計算式は下記の通りです。

<計算式>
熱量(kcal)=たんぱく質(g)×4kcal+脂質(g)×9kcal+炭水化物(g)×4kcal

基本的にはこちらの計算式で問題はないのですが、
「糖質」「食物繊維」を表示する場合には
それらを考慮した計算が必要になるため、計算式が複雑になります。
消化性の違いから、換算の計数が異なるためです。

<計算式>
熱量(kcal)=たんぱく質(g)×4kcal+脂質(g)×9kcal+糖質(g)×●kcal
+食物繊維(g)×●kcal

上記の計算式で「糖質」「食物繊維」の係数が●になっていますが、
これは種類によって異なるためです。

係数の具体例としては下記の様な物が挙げられます。

【糖質】
一般的な糖質(糖類等)    4kcal
エリスリトール、スクラロース 0kcal
マルチトール等        2kcal
ソルビトール、キシリトール等 3kcal

【食物繊維】
寒天、キサンタンガム等 0kcal
難消化性デキストリン等 1kcal
グァーガム、プルラン等 2kcal

上記の様に難消化性の糖質や食物繊維を表示しますと
計算が複雑化します。

他の原料由来の食物繊維等とあわせて考えると
判り難い事になりますので、分析を行う事もおすすめします。

弊社では、栄養成分分析のご依頼も承っています。
また、今なら栄養成分分析と新表示への切替をセットにした
お得なキャンペーンも実施しています。


「こんな話題を扱ってほしい」

「ここがよくわからないので解説してほしい」など、リクエストもお待ちしております!

メールマガジンのご登録・詳細はこちら

サポートサービスへのお問い合わせ

お電話でのお問合せはこちら
TEL:03-5367-2327
(平日9:00~17:30)
The following two tabs change content below.
和田
和田

品質管理歴15年
前職は健康食品メーカー。趣味はB級グルメ食べ歩き。

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。