食品表示はどう作ればいいの? 最も一般的なルールについてプロが解説

こんにちは、オージーフーズ品質管理部の和田です。

最近は通信販売を始めたいというお客様のお問合せが増えております。
そのため、今回のコラムは基本的な食品表示(一括表示)の作り方を解説いたします。

食品表示では特定の商品では細かいルールが決まっている事がありますが、かなり複雑なものとなりますので、今回は最も一般的なルール(表示方法)についてお話いたします。
※個別の表示ルールの有無については作成前にご確認する事をおすすめします。

以前に別の記事でも触れた事がありますが、表示の基本項目は次の6項目となります。

①名称
②原材料名
③内容量
④消費期限または賞味期限
⑤保存方法
⑥製造者等の名称及び住所

<参考>

わかりやすい食品表示が必要な理由についてのお話しです。「食品表示」と呼ばれたり、「一括表示」と呼ばれたり。食品には表示をしなければならない事項が決まっていますね。食品表示がなぜ必要なのか、オージーフーズの品質管理スタッフが詳しく解説いたします。

今回はこの6項目の記載方法について分かりやすく解説いたします。

名称

大体の食品表示で一番上に記載されている項目ですね。
「名称」の他に「品名」と記載する事もあります。

こちらは「その内容を表す一般的な名称を表示する。」と規定されています。

例えば「国産豚使用!厚切り肉の生姜焼き」という商品の場合、名称は「豚肉の生姜焼き」の様な簡潔な記載が適当となります。

時折、名称に商品名を記載されている商品が見られますが、これは間違いですのでご注意ください

又、品名と名称の項目を両方記載し、一方に商品名を記載されている商品も見られます。
上記の様に品名=名称ですので、商品名と名称の項目名とする事が良いと思います。

※一部の商品群(缶詰・瓶詰や農産物漬物、等)では名称の記載方法に細かいルールがありますので、ご注意ください。

原材料名

使用している原材料が記載されている項目ですね。
ここでは食品添加物とアレルギー表示、原料原産地表示についても説明いたします。

基本的な表示方法

こちらは「原材料に占める重量の割合の高いものから順に、その最も一般的な名称をもって表示する。」と規定されています。

例えば、豚肉の生姜焼きを下記の様なレシピで作った場合です・

豚肉       250g
薄力粉(小麦粉)  12g
生姜焼きのたれ   30g
菜種油       10g

【記載例】
豚肉、生姜焼きのたれ、小麦粉、菜種油

この時、生姜焼きのたれは内容物がわからない加工品となりますので、内訳を括弧を付けて記載する事が一般的です

【記載例】
豚肉、生姜焼きのたれ(醤油、生姜、砂糖、味醂、清酒)、小麦粉、菜種油

食品添加物の表示

食品添加物を使用している場合、若しくは使用している原材料に含まれている場合は食品添加物も記載が必要です(一部省略規定あり)。

食品添加物は原材料を記載した後に「/」で区切って、重量の割合の高いものから順に記載する事が簡単です

今回は生姜焼きのたれに増粘多糖類が含まれているとします。

【記載例】
豚肉、生姜焼きのたれ(醤油、生姜、砂糖、味醂、清酒)、小麦粉、菜種油/増粘多糖類

アレルギー表示

アレルギー表示はアレルゲンが含まれている原材料の後に括弧を付けて記載する事が簡単です
この時、豚肉、小麦粉の様にアレルゲンがそのまま記載されているものは省略が可能です(卵白、卵黄は例外で省略できません)

【記載例】
豚肉、生姜焼きのたれ(醤油(大豆を含む)、生姜、砂糖、味醂、清酒)、小麦粉、菜種油/増粘多糖類

原料原産地表示

新しい原料原産地制度により最も使用量の多い原材料に原料原産地表示が必要になりました(2022年3月末まで猶予期間があります)。

これは最も多い原材料に括弧を付けて記載する事が簡単です

【記載例】
豚肉(国産)、生姜焼きのたれ(醤油(大豆を含む)、生姜、砂糖、味醂、清酒)、小麦粉、菜種油/増粘多糖類

この際、最も多い原材料が加工品の場合は、「砂糖(国内製造)」の様に「●●製造」と記載します

※これら原材料名の項目は特に記載方法のルールが細かく規定されておりますので、ご注意ください。

内容量

商品の量を記載する項目ですね。
記載方法として質量(g)、体積(ml、cc)、数量(個、人前)等、多くの記載方法がありますが、商品の分類だけでなく、流通温度帯でも表記が変わるルールがあります。

こちらでは、最も簡単な方法は質量(g)表記です。
内容量が製造毎にぶれる場合は、下回らない様な表示量を記載する事が良いと思います。

※一部の商品では個数表記が既定等、例外もありますので、ご注意ください。

消費期限または賞味期限

商品の消費期限または賞味期限を記載する項目ですね。
直接、年月日を記載する事が最も簡単な方法ですが、記載方法としては以下の様な方法があります。

【記載例】
令和3年1月1日  3.1.1
2021年1月1日  2021.1.1  21.1.1  210101 等

なお、年月日の区切りで「/」は「1」と誤認する可能性があるため、避ける事をおすすめします。

保存方法

商品の保存方法を記載する項目ですね。
こちらの保存方法で保存すると上記の消費期限または賞味期限まで、品質が保たれますよという内容です

温度帯としては常温、冷蔵、冷凍が一般的となり、記載方法としては以下の様になります。

【記載例】
常温  直射日光、高温多湿を避けて保存してください。
冷蔵  要冷蔵10℃以下
冷凍  要冷凍-18℃以下  要冷凍-15℃以下

商品に応じた保存条件を記載しますので、チョコレートなどでは「28℃以下で保存」といった表示がされている事もあります。
販売する商品に適した記載をしてください。

製造者等の名称及び住所

商品の製造場所を記載する項目ですね。
最も簡単な方法は製造場所の名称と住所を記載します。

【記載例】
●●株式会社
東京都新宿区●●1-2-3

事務所と製造場所が異なる際に事務所の名称と住所を記載される方も見られますが、その場合は記載方法に規定がありますので、ご注意ください。

以上、表示方法の最も一般的な記載方法について解説致しました。
より細かい規定については「食品品質管理用語辞典」にも記載しておりますので、こちらも参照ください。

あとがき

食品表示は購入されるお客様に正確な情報を伝えるものです。
そのため、表示の中で「強調する」という事を考えると表示が複雑化して、ルールに抵触する可能性があります。
食品表示については簡単・簡潔に記載し、商品名やパッケージの記載で表現する事をおすすめいたします。

The following two tabs change content below.
和田
和田
品質管理歴15年の品質管理部アシスタントマネージャーです。前職は健康食品メーカー。趣味はB級グルメ食べ歩き。

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。
お問合せはこちら≫