【一括表示ポイント講座】新表示の注意点(3)栄養成分表示(基本5項目のみ表示する場合)

AF品質管理メールマガジンバックナンバー 2018.1.11発行号

毎日厳しい寒さに見舞われていますが、いかがお過ごしでしょうか。

今年も素晴らしい1年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。

株式会社オージーフーズ 品質管理担当 早野です。

【一括表示ポイント講座】新表示の注意点(3)

栄養成分表示(基本5項目のみ表示する場合)

食品表示法では、栄養成分表示が義務化になりました。

原則、すべての一般加工品及び一般用添加物に表示が必要です。

いままで、栄養成分表示をしていなかった商品については、新表示に移行する際、栄養成分表示を忘れずに追記しましょう。

今回は、栄養成分表示について基本5項目のみ表示する場合の記載方法の間違えやすいポイントをご紹介します。

(参考表示例の画像を確認ください)

栄養成分表示(基本5項目のみ表示する場合)※参考表示例

<ポイント1:項目名>

栄養成分表示と記載しましょう。

栄養分析表や栄養成分値などの文言は使用できません。

<ポイント2:食品単位の記載>

食品単位は、100g、100ml、1食分その他の1の単位のいずれかを表示します。

この場合、食品単位を1食分とする場合は、1食分の量を併記します。

<ポイント3:ナトリウム量の表記の仕方>

ナトリウム量は食塩相当量に換算し『食塩相当量』として記載します。

ナトリウム量は”㎎”で表記されていることが多いのですが、食塩相当量は”g”で表記します。

換算時や記載時には”単位”に気を付けましょう。

今回は、基本5項目のみ表示する場合の間違いやすいポイントのご紹介をしました。

新表示の移行期間は2020年3月末までです!

新表示への移行はすすんでいますか?

移行したいけど何をしたら良いかわからない。そもそも、現行の表示はこれでよいのか?少しでも不安、疑問がありましたら、オージーフーズ品質管理業務サポートサービスにお問い合わせください。


「こんな話題を扱ってほしい」

「ここがよくわからないので解説してほしい」など、リクエストもお待ちしております!

メールマガジンのご登録・詳細はこちら

サポートサービスへのお問い合わせ

お電話でのお問合せはこちら
TEL:03-5367-2327
(平日9:00~17:30)
The following two tabs change content below.
オージーフーズサポート部 品質管理チーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。