製造所固有記号のルール【食品表示法・新表示切替のポイント】

食品表示の新表示に関する注意点として、製造所固有記号のルールの基本を解説いたします。

わかりやすい食品表示・一括表示のポイント講座です。新旧の製造固有記号の表示例、それぞれの比較などをあわせて丁寧に解説いたします。

【一括表示ポイント講座】製造所固有記号のルール

製造所固有記号のルール

食品表示法では、新たな製造所固有記号制度が施行されました。

今後、新たに製造所固有記号を取得する場合、 新基準に基づく製造所固有記号となります。

ポイント1:製造所固有記号が使用可能である場合とは

原則として同一製品を2以上の製造所で製造している場合のみ、使用可能です。

ポイント2:「+」を冠して表示する

固有記号は「+」を冠して表示します。

同じ記号を使うことは可能ですが、新基準に基づく製造所固有記号の届け出が必要です。

(旧表示)●●株式会社 Aa
(新表示)●●株式会社 +Aa

ポイント3:新旧の基準の混在は不可

新基準に基づく製造所固有記号を表示した場合、新基準と新旧基準の表示方法が混在する表示は、原則認められません。

包材(表示) 固有記号   可否
—————————————–
新       新   → ○
旧       旧   → ○
新       旧   → ○※
旧       新   → ×

※平成32年3月31日までは経過措置期間とされています。

それ以降は新基準に基づく製造所固有記号の取得が必要です。要注意ですね!

製造所固有記号の表示がわかる関連記事

製造所固有記号について、オージーフーズ品質管理部の記事でポイントごとに丁寧に解説しております。併せて読んでみてください。

新表示で大きく変わった製造所固有記号の新ルール「製造所固有記号の応答義務」について説明させていただきます。お客様が購入した商品について「どこで製造されたか」を知りたい時に、その情報を確認するための方法を表示する必要がありますのでご注意ください。
消費者庁の「食品表示制度に係る説明会」で消費者庁の方が「製造所固有記号」について気になることを仰っていましたので、製造所固有記号を使用できる条件と併せてご紹介いたします。

あとがき

経過措置期間までに新表示の切り替え準備は進んでいますか?

食品表示に関してもし不安な事がありましたら、オージーフーズ品質管理サポートサービスへどうぞお気軽にご相談くださいませ。

※おかげさまでご食品表示チェック及び作成についてのご依頼を多数頂いております。ご検討中のお客様はどうぞお早めにまずはお見積もりからお問合せくださいませ。

WEBお問い合せフォームはこちら ≫

代表電話番号:03-5367-2327
(営業:平日9時~17時半)


品質管理部メールマガジンで「こんな話題を扱ってほしい」「ここがよくわからないので解説してほしい」など、リクエストもお待ちしております!

配信は月に一回、購読は無料です。ご興味のある方は下記詳細ページをご参照くださいませ。

メールマガジンのご登録・詳細はこちら ≫

2017年も残りわずかになりましたね。

「師走」の言葉通り、走り回るような忙しい時期ではございますが、皆様もお身体にお気をつけて良き新年をお迎えください。

今回の更新は株式会社オージーフーズ品質管理部の下村が担当いたしました。

オージーフーズ品質管理部メールマガジン2017.12.14発行号

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。
お問合せはこちら≫