栄養成分表示の注意点について

AF品質管理メールマガジン 2018.12.12発行号

こんにちは。オージーフーズのサポート部・品質管理チーム 仲田です。

今年も残すところあと20日を切りました。このまま師走の流れにのって、
あっという間に年末を迎えそうですね。

今年最後のメルマガは、栄養成分表示で間違いがよくみられる、
注意頂きたいポイントについてご説明させて頂きます。

1.合理的な推定により得られた値を表示する場合

合理的な推定により得られた値(計算値など)で栄養成分表示をおこなう場合、
その数値が目安である旨を記載しますが、そのときに使用する文言は
以下の通り定められています。

① 推定値

② この表示値は、目安です。

※必ず、①②のどちらかの文言を含む表示をおこなう必要があります。

「含む表示」なので、この前後に文言をつけて
『日本食品標準成分表の計算による推定値』のような書き方は問題ありません。

しかし、『この値は目安です。』のような、決められた文言の内容を削る書き方は
できません。

句読点も含めて、①または②をそのまま含む文言を記載してください。

2.複数の食品が同じ容器包装に入っている場合

複数の食品が同じ容器包装に入っている場合は、通常一緒に食されるものかどうかで、
栄養成分表示の方法が変わってきます。

①通常一緒に食される食品がセットで同じ容器包装に入っている場合は、
合計の含有量を表示します。(例:納豆+タレ、くずきり+黒蜜 など)

合わせて、一部の食品(例:納豆のみ、タレのみ)についても、含有量を
表示することも可能です。

複数の食品の一括表示例A

②それぞれ独立した食品が詰め合わされている場合は、個別の構成要素である食品について
独立して表示します。(例:ケーキの詰め合わせ など)

複数の食品の一括表示例B

3.栄養強調表示をおこなう場合

「高タンパク」「カロリーハーフ」「減塩」など、栄養強調表示をおこなう場合は、
強調する項目も含めて全ての成分について、分析値を使用する必要があります。

合理的な推定により得られた値(計算値など)を使用することはできません。

さらに、強調したい項目の成分については、その分析方法も必ず
食品表示基準別表第9に掲げた方法」による必要があります。

(強調する項目以外は、この方法以外でも問題ありません。
また糖類・ナトリウム塩を添加していない旨の強調表示をおこなう場合も、
この方法以外でも問題ありません)

栄養強調表示をおこなう際は、必ず分析値での栄養成分表示をおこなうよう、
ご注意ください。

4.小規模事業者のため栄養成分表示を省略する場合

小規模事業者が自身の店舗で直接販売する場合は、栄養成分表示を省略することが
可能となっています。

しかし、小規模事業者が製造した食品でも、それをスーパーなど小規模事業者でないところで
販売する場合は、栄養成分表示を省略することができません。ご注意ください。

以上、栄養成分表示の作成時には、今一度ご確認くださいませ。
これら以外にも、細かく定められている事項があります。栄養成分表示の取扱については、
消費者庁のホームページから、「食品表示法に基づく栄養成分表示のためのガイドライン」もご確認ください。

※本文中の「食品表示基準 別表」は、消費者庁「食品表示法に基づく栄養成分表示のための
ガイドライン」よりリンクしております。

品質管理コラム」でも、栄養成分表示の基本事項についてもお話させて頂いています。
よろしければ、こちらもご確認ください。


「こんな話題を扱ってほしい」

「ここがよくわからないので解説してほしい」など、リクエストもお待ちしております!

メールマガジンのご登録・詳細はこちら

サポートサービスへのお問い合わせ

お電話でのお問合せはこちら
TEL:03-5367-2327
(平日9:00~17:30)
The following two tabs change content below.
仲田
仲田
品質管理歴5年。前職は食肉加工品メーカー。管理栄養士とお肉博士の資格を持っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。