アレルゲンとは【食品品質管理用語辞典】

アレルゲンとは:加工食品添加物の場合

アレルゲンとは、アレルギーの原因となる抗原のことで、表示義務のある「特定原材料」と、表示を推奨する「特定原材料に準ずるもの」とに分けられます。

分類・規定 特定原材料等の名称 備考
【特定原材料】

※義務

◎食品表示基準

えび、かに、小麦、そば、卵、乳、落花生(ピーナッツ) 特に発症数、重篤度から勘案して表示する必要性の高いもの。
【特定原材料に準ずるもの】

※推奨

○食品表示基準について(平成27年3月30日消食表第139号)

アーモンド、あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、牛乳、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご 症例数や重篤な症状を呈する者の数が継続して相当数みられるが、特定原材料に比べると少ないもの。
ゼラチン 単独の表示を行うことへの要望が多い。

アレルゲン表示では、原則、個別表示をおこないますが、表示面積に限りがあり個別表示が困難な場合等は、例外として、一括表示も認められています。

なお、個別表示と一括表示を併用した表示は、認められていません。

アレルゲンの個別表示について

個々の原材料名又は添加物の直後に括弧を付して特定原材料等を含む旨を表示します。

特定原材料等を原材料として含んでいる場合

原材料名の直後に括弧を付して『 原材料名(○○を含む)』と表示します。

(例)『 マヨネーズ(卵を含む)』、『 チョコレート(乳成分を含む)』

※特定原材料のうち「乳」については、「乳成分を含む」と表示します。

※特定原材料等を2つ以上含んでいる場合には、特定原材料等を「・」でつなぎます。

(例)『 ショートニング(牛肉・大豆を含む)』

特定原材料等に由来する添加物を含む食品の場合

当該添加物の物質名(原則)又は一括名の直後に括弧を付して『 (○○由来)』と表示します。

用途名併記で記載する場合は、『用途名(物質名:○○由来)』又は『用途名(物質名(○○由来))』と表示します。

(例)『 グルテン(小麦由来)』 、『 カゼインNa(乳由来)』

『 ベーキングパウダー(小麦由来)』、『 乳化剤(卵由来)』

『 増粘剤(加工でんぷん:小麦由来)』、『 増粘剤(加工でんぷん(小麦由来))』

※特定原材料のうち「乳」については、「乳由来」と表示します(「乳成分由来」ではない。)。

※2つ以上の特定原材料等から構成される添加物については、『用途名(物質名:○○・○○由来)』と表示します。この場合、コロン(:)を用いることが推奨されています。

(例)『増粘剤(キチン:えび・かに由来)』

アレルゲンの一括表示について

原材料名の最後(原材料と添加物を事項欄を設けて区分している場合は、それぞれ原材料欄の最後と添加物欄の最後)に全ての特定原材料等をまとめて『(一部に○○・△△・□□を含む)』と表示します。

(例)『 (一部に大豆・乳成分・小麦・牛肉・卵を含む)』

同一のアレルゲンを含む原材料を重複して使用している食品の場合

当該アレルゲン表示は一度行えばよく、原材料ごとに繰り返してアレルゲン表示をする必要はありません。
ただし、アレルゲンを一括表示する場合には、一括表示に全てのアレルゲンを記載しなければなりません。

関連記事・関連サービス

食品表示法(新表示)におけるアレルギーの表示方法についてご紹介。原材料名への記載方法(個別表示と一括表示)、代替表記と拡大表記、コンタミネーション、旧表示からの変更点など、オージーフーズの品質管理スタッフが詳しくわかりやすく解説いたします。
消費者庁はアーモンドを特定原材料に準ずるもの(推奨表示)に追加しました。アーモンドやくるみなど、木の実類のアレルギー発症例が増加傾向にあることが背景にあります。包装資材の切り替え状況に合わせて、可能な限り速やかな変更を行いましょう。
商品規格書(商品名の他に、原材料やアレルギー情報の記載されたもの)もとに、食品表示ラベル案を作成代行します。一括表示の書き方が分からない。食品表示ラベル用のラベラーを購入したけど、印字する内容が分からない場合は、食品表示案の作成でお申し込みください。
すでにお手元にある食品表示・一括表示が合っているか食品表示診断士の資格者が食品表示・一括表示のチェックをいたします。「今の一括表示で合っているか自信がない。」「ダブルチェックとして見てもらいたい。」という方におススメ。食品表示法に基づいた新表示切り替えにも対応します。

関連用語

「食品品質管理用語辞典」一覧へ ≫

The following two tabs change content below.
仲田
仲田
品質管理歴5年。前職は食肉加工品メーカー。管理栄養士とお肉博士の資格を持っています。好きな食べ物は牛肉です。

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。
お問合せはこちら≫