原材料名とは【食品品質管理用語辞典】

原材料名とは:一般用加工食品の場合

全原材料の中で、重量の割合の高いものから順に、最も一般的な名称をもって表示します。

二種類以上の原材料からなる原材料(以下、複合原材料)を使用する場合について

複合原材料の名称の次に括弧を付して、当該複合原材料の原材料を重量の割合の高いものから順に表示します。

例.生姜焼きのタレ(生姜、醤油、味醂、清酒、砂糖)

なお、当該複合原材料の原材料が三種類以上ある場合、重量の割合の高い順が三位以下で、当該割合が五%未満である原材料は「その他」とまとめて表示することができます。

例.生姜焼きのタレ(生姜、醤油、味醂、その他)※清酒、砂糖が五%未満

当該複合原材料の原材料表示の省略について

下記のどちらかに該当する場合は、当該複合原材料の原材料の表示を省略できます。

  • ①複合原材料の製品の原材料に占める重量の割合が5%未満である場合
  • ②複合原材料の名称からその原材料が明らかである場合

※食品表示基準等で定義されている、一般的に知られている、主要原料が明示されている等の場合が該当します。

複合原材料の分解表示について

単に混合しただけ等、原材料の性状に大きな変化がない複合原材料を使用する場合、当該複合原材料の全ての原材料、及び、それ以外の使用した原材料について、重量の割合の高いものから順に、最も一般的な名称をもって表示することができます。

例.生姜焼きのタレを「生姜、醤油、味醂、清酒、砂糖」に分解して、他の原材料とあわせて表示。

同種の原材料を複数種類使用する場合

「野菜」「食肉」等の原材料の総称を表す一般的な名称の次に括弧を付して、それぞれの割合の高いものから順に表示する事ができます。

例.野菜(キャベツ、ニンジン) 食肉(牛肉、豚肉) 等

複数の加工食品で構成される場合

割合の高い順に表示した各構成要素を表す一般的な名称の次に括弧を付して、それぞれの割合の高いものから順に表示する事ができます。

例.から揚げ(鶏肉、…)、タレ(醤油、…) 等

原材料名表示について個別の規定がある食品があります

食品表示基準 別表第四、第十九で定める食品については、個別の規定があります。ご注意ください。

関連記事・関連サービス

すでにお手元にある食品表示・一括表示が合っているか食品表示診断士の資格者が食品表示・一括表示のチェックをいたします。「今の一括表示で合っているか自信がない。」「ダブルチェックとして見てもらいたい。」という方におススメ。食品表示法に基づいた新表示切り替えにも対応します。
食品表示の省略規定について、各項目(名称・原材料名・内容量・賞味期限・保存方法・栄養成分表示)の省略方法を食品表示のプロが解説します。 表示を作成する際、表示スペースが足りなくて困る時がありますよね。困った時に使える食品表示の省略規定をわかりやすく解説します。
乳製品の表示について食品表示のプロが解説します。加工食品の原材料として使用している乳製品の原材料名表示でよくある間違いとご注意頂きたいポイントとは。乳等省令とは。「〇〇ホイップ」と「生クリーム」の違いとは。わかりやすい表示例を交えて詳しく解説します。

関連用語

「食品品質管理用語辞典」一覧へ ≫

The following two tabs change content below.
オージーフーズ品質管理部
オージーフーズ品質管理部

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。
お問合せはこちら≫