容器包装リサイクル法「識別マーク」について

こんにちは。オージーフーズ品質管理部の仲田です。
今回の品質管理コラムでは、容器包装リサイクル法による識別マークについて、
解説致します。

1.識別マークとは

「容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法律(以下「容器包装
リサイクル法」という。)」で再商品化義務が定められている特定容器包装には、
定められたマークにより識別表示を施すことが必要となります。

このマークを、「識別マーク」と呼びます。
よく『リサイクルマーク』『プラマーク』等の呼び名で使用しているマークのことです。

識別マークの目的は、消費者がごみを出すときの分別を容易にし、
市町村の分別収集を促進することにあります。

具体的には、以下の表に示したマークがあります。
食品を包んでいるパックやペットボトル、ジュースの缶などに
マークがついているのを誰もが一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

このうち、以下表1~5の容器包装については、識別マークの表示が義務化されています。

2.識別マークが必要となる容器包装の対象範囲

容器包装リサイクル法における「容器包装」は、
「商品の容器及び包装(商品の容器及び包装自体が有償である場合を含む。)であって、
当該商品が費消され、又は当該商品と分離された場合に不要になるものをいう。」と
定義されています。

識別マークが必要となる容器包装に該当するか否かは、以下の観点から判断されます。

・「容器」又は「包装」に該当するか
・「商品の容器及び包装」に該当するか
・「当該商品が費消され、又は当該商品と分離された場合に不要になるもの」に該当するか

商品に使われていても、それが「物を入れ(容器)、又は包むもの(包装)」と
いえるか否かで、マークが必要になるか、不要か、が変わってきます。

例えば、商品包装の袋の口をリボンで留める場合、
そのリボンが袋を閉じるための機能を有している場合は、容器包装の一部となり
マークが必要となりますが、リボンを飾りとして袋に付けただけの場合は、
容器包装の一部に該当せず、マークは不要となる場合があります。

商品に同梱しているチラシなどもそれが容器包装に該当しない場合、
マークは不要となります。

識別マークは、容器包装リサイクル法に基づくリサイクルが円滑に行われるよう、
消費者が容易に分別排出できるようにすることを目的としているため、
識別表示の対象外であるものに対してマークを表示することは、消費者・事業者の混乱を
招きます。対象外の製品には、マークを表示しないようにしてください。

また、「業務用」の容器包装についても識別マークは必要ありません。
事業者が専らその事業活動で消費する商品の容器包装については再商品化義務の対象外で
あり、かつ表示義務の対象外となります。

より詳しい内容や具体例については、経済産業省「容器包装に関する基本的な考え方」
参照してください。

3.識別マークの表示方法

①マークの大きさ

プラマークまたは紙マークの大きさについては、上下の長さが印刷・ラベルの場合6mm以上、刻印の場合8mm以上と決まっています。その他、以下に示す仕様を満たす必要があります。


②一つの商品に複数の容器包装を使っている(多重容器包装)
場合

識別マークは原則としては、分離できる個々の容器包装に対して直接表示する必要が
ありますが、物理的に直接の表示が困難な場合で、他に識別表示義務のある容器包装が
ある場合は、役割名(各構成部分の名称)を記載して一括表示することができます。

また、ほぼ同時に捨てられる複数の容器包装がある場合には、まとめていずれかの容器包装に一括して表示をすることができます。その際も、各容器包装の役割名をその識別マークに併記することが必要です。

③無地の容器包装への対応

無地の容器包装へは、直接の表示を省略することができます。

ただし、複数の容器包装から成る商品で、無地の容器包装のほかに表示義務のある
容器包装があり、かつ表示可能であれば、そのいずれかに識別マークと役割名を
併記して表示(一括表示)する必要があります。

この場合、表示先は、無地の容器包装とほぼ同時に捨てられる容器包装が優先となります。
他の構成部分の中に、上記の容器包装が含まれていないか、あってもそのすべてが無地か
表示不可能であれば、表示義務はありません。

ただし、ラベルが貼られているものや、刻印可能な成形工程で作られるものは、
「無地」に該当しません。

無地の容器包装とは、容器包装の利用事業者が利用する時点で、または輸入販売事業者が
販売する時点で、表面に印刷・エンボス、シール・ラベルが施されていない容器包装のことを指します。ただし、刻印をすることが可能な成形工程を含むものは無地とみなされません。

※本コラムの内容は、経済産業省「容器包装の識別表示Q&A」を参照して作成しております。これ以外にも、さらに細かく規定されている点がありますので、表示作成時には内容ご確認
ください。


食品表示の作成で、不安やお困りのことがある時は、私たちオージーフーズの品質管理チームにお任せください。食品表示診断士の資格者がしっかりサポートとチェックをいたします。
どうぞお気軽にお問合せください。

詳しくは、品質管理業務サポートサービスの「食品表示チェック」のページや「食品表示案の作成」のページをご覧くださいませ。

サポートサービスへのお問い合わせ

お電話でのお問合せはこちら
TEL:03-5367-2327
(平日9:00~17:30)
The following two tabs change content below.
仲田
仲田
品質管理歴5年。前職は食肉加工品メーカー。管理栄養士とお肉博士の資格を持っています。

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。