DASとは|物流用語辞典

「DAS(ダス)」とは、Digital Assort Systemの頭文字を取った略称で、デジタルアソートシステムのことをいいます。 物流の現場・倉庫で行われる仕分け作業を誰でも簡単に正確にできるようにサポートするためのシステムです。従来のデジタルピッキングシステムは、「摘み取り式(シングルピッキング)」と呼ばれ、リストと商品を照らし合わせながらの作業で時間工程が多くかかっていたのに比べ、「種まき式(トータルピッキング)」となるのがDASです。作業者はあらかじめ設置された出荷先のコンテナなどに対し、手元にある商品を投入します。種まきに似ていることから種まき式と呼ばれています。大きな倉庫で、発送先が少なく小品種で大量出荷の場合に向いています。
トータルピッキングした後の出荷先毎の仕分け作業などに適した運用方法です。DAS仕分けする棚に表示器を設置。作業者が仕分け(アソート)する商品をハンディーターミナルなどでシステムに認識させると、仕分け先ごとに設置したデジタル表示器に指示数(商品投入数)が表示されるので表示される個数だけ商品を仕分けしていきます。
DASのメリットとしては、初心者でもすぐに慣れる、作業効率の向上、仕分けミス削減、人員削減があげられます、デメリットとしては、コストがかかること、商品配置やブロック構成が複雑となること、機械トラブル時の作業ストップとなるリスクがあることがあげられます。
DASは、通過型物流センター(TC)、在庫型物流センター(DC)、生産工場(PC)などでも利用されています。また、DASの運用は、現場のニーズに応じて固定表示器、無線表示器、ゲート付き表示器などが用いられています。

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階


物流部直通TEL:048-949-5115

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。