OMS|物流用語辞典

OMSとは、受注管理システムのことです。主にECサイトの運営、管理に用いられています。

OMSとは

「OMS」とはOrder Management System(オーダーマネジメントシステム)の略称です。

日本語としては、「注文(受注)管理システム」と呼ばれています。OMSは、主にECサイトの運営・管理に用いられていて、商品の受注を配送まで一括管理で処理するシステムです。

なぜOMSを利用するのか

受注処理や注文一覧は、これまでの販売管理システムにも用意されています。

しかし、従来の販売管理システムでは近年増加しているECサイトなどのオンラインを通じた注文を十分に処理しきれないため、OMSが注目されるようになりました。

OMSによる受注管理

OMS導入のポイント

今、様々な業種の方たちが実店舗での販売と共にECサイトでの販売も始めています。
実店舗での販売管理や在庫管理と合わせて、ECサイトの管理は、タイムラグや入力ミスなどが発生しやすくなってしまう可能性があります。
OMSを導入し、一元管理することで、業務の効率化が図れます。

OMSを使うことのメリット

OMSには、以下のようなメリットがあります。

  • 様々な販売チャネルから入ってくる受注情報を一括で管理どのような内容の注文が入ってきたのかまとめて確認することができる
  • 営業が発行する見積書の作成、仕入れ先への発注管理機能、自社で取り扱っている商品のマスタ管理、API連携した最新の状態で在庫を管理することもできる
  • 顧客情報やアカウント情報を一元管理する機能や、データ分析機能などが用意されているOMSもあります

一番のメリットは・・・

OMSを利用する一番のメリットは、

  • 受注管理を一元化することで作業を効率化することができる

と言う点です。また、人為的ミスを削減することができるため、不要なトラブルが少なくなることが期待できます。

OMSのデメリット

デメリットとしては、以下のようなものがあります。

  • 導入コストがかかる
    多くの機能が搭載されているシステムになると初期費用が100万円以上かかることも珍しくありません。
  • 既存のシステムとの連携や調整が必要
  • 社内間、顧客とのコミュニケーションの機会が減る

EMS、WMSとの違い

「EMS」とは「Execution Management System」の略「取引執行管理システム」という意味です。このEMSは証券用語です。

OMSはECサイトに入力された注文情報を管理し、在庫管理や入金管理、お客様へのメールまで合理的に一括管理するシステムを指すのに対し、EMSは証券取引においての管理業務の中の「トレーティング業務」をサポートするシステムです。

「WMS」は、「Warehouse Management System」の略で、「倉庫管理システム」のことを指します。注文から在庫管理まで行う「OMS」とは異なり、倉庫の管理に特化したシステムです。

「WMS」とは、Warehouse Management Systemの略称で、「倉庫管理システム」「在庫管理システム」のことです。物流センターにおける一連の業務を効率化するための総合管理システムとして、入荷・在庫・流通加工・帳票類の発行・出荷・棚卸などといった業務のマネジメントを支えます。特に、在庫のリアルタイム管理を実現するものが増えており、在庫の照会、補充、履歴管理、ロット管理、SKU管理、温度管理といったことを行うことができます。

ほかに「OMS」は、証券用語としてトレーディング、ディーリングツールとして活用されています。

OMSの重要性

「OMS」は、商品の注文から始まり、お客様に商品が配送されるまでのすべての管理を一括して行います。無駄のない一元管理により、ミスを防ぐことができます。また、複数のECサイトを運営している場合には、OMSを導入することで、業務を効率化し、人件費の削減が可能です。

OMSを導入する際の注意点

すでに在庫管理や入金管理など、それぞれの段階に応じたシステムをすでに導入している場合、それらの既存システムと連携して「OMS」を導入する必要があります。すでに稼働しているシステムとの連携をどのようにとっていくかは、OMS導入時に考慮すべき注意点です。

オージーフーズに是非ご相談ください!

弊社ではお客様が運営するECサイトや出店されているサイトとの受発注の連携も可能となっております。出荷指示の授受方法などについても対応可能ですのでご相談ください。

OMS ECサイト 受発注

「WMS」とは、Warehouse Management Systemの略称で、「倉庫管理システム」「在庫管理システム」のことです。物流センターにおける一連の業務を効率化するための総合管理システムとして、入荷・在庫・流通加工・帳票類の発行・出荷・棚卸などといった業務のマネジメントを支えます。特に、在庫のリアルタイム管理を実現するものが増えており、在庫の照会、補充、履歴管理、ロット管理、SKU管理、温度管理といったことを行うことができます。

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階


物流部直通TEL:048-949-5115

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。