常温物流|物流用語辞典

「常温物流」とは、常温(ドライ)で輸配送・保管することです。倉庫内や物流間の温度調整をしなくても良いので、比較的に安い値段で荷物を預けることができます。物流では、商品を輸配送・保管する時に3つの温度帯が指定されます。物流用語で「4温度帯」と言います。常温(ドライ)・冷蔵(チルド)・冷凍(フローズン)を指します。主に、食品物流において、3温度帯管理が必要となります。温度帯区分や呼称は、必ずしも統一されていないため、業態によって若干の違いがあります。一般的な温度管理の基準・温度指定は、常温(ドライ)は10~15℃(または20℃)、冷蔵(チルド)は5~マイナス5℃、冷凍(フローズン)はマイナス15℃以下とされます。常温は、夏場の高温期に限り「定温」といわれます。常温の温度帯で使用される倉庫は、一般的な物流倉庫のため、倉庫の大きさにも多彩な種類があるため、大きい荷物から小さい荷物まで幅広く保管することが可能です。倉庫内の温度設定が特に調節されていない倉庫のため、季節によって温度差があり、夏は温度が高く、冬は低くなりやすいです。さらに夏は湿度も高く、冬は乾燥しやすい場合が多いです。その代わり、温度管理がないため比較的安価に預けることができます。常温物流では、温度や湿度の影響を受けない商品の保管に適しています。紙製品、金属製品、瓶や陶器製品などの低温と高温に強い素材の製品、建築資材や機械部品などが該当します。常温商品として扱われる食品としては、缶ジュース、フルーツ缶詰、梅干し、生果フルーツ、カレー、食用油、和洋菓子、酒類、非常食、保存食品などです。

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階


物流部直通TEL:048-949-5115

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。