ハンディターミナルとは|物流用語辞典

ハンディターミナルとは、携帯性に優れたデータ収集用の端末のことを指します。バーコードや2次元コードを読み取る機械です。入出庫の管理作業をする際やピッキング時に活用されます。

ハンディターミナルとは

ハンディターミナルとは、携帯性に優れたデータ収集用の端末のことを指します。

近年物流においては、バーコードや2次元コードなどによる部品・製品の管理が一般的で、ハンディターミナルを使っている配送業者がほとんどのはずです。

入出庫の管理作業をする際やピッキング時に活用されます。

物流用語「ピッキング」についてわかりやすく解説する物流用語辞典です。ピッキングとは、お客様へ発送する前の商品を必要な分ピックアップして集める作業のこと。ピッキング作業の種類についても解説いたします。オージーフーズ物流部のピッキングの実例も交え丁寧に解説します。

ハンディターミナルのメリット

バーコードで荷物の情報管理が出来る

 ハンディターミナルを用いて情報処理を行う様子

新しく荷物が倉庫に入荷した際に品物と保管場所のバーコードを読み取ることでいつ入庫したものか、どこの保管場所に置いてあるかがすぐわかるようにすることが出来ます。

在庫管理とは、倉庫で保管する商品をいつでも出荷できるように品質管理し、搬入、搬出の時間と量を管理することです。在庫管理は健全な物流倉庫運営に欠かせない機能です。在庫管理の手法も例を挙げてご紹介します。「在庫管理」にについてわかりやすく解説する物流用語辞典です。

機械でヒューマンエラーを防止出来る

バーコードを読み取ることで情報をやり取り出来るため、書き間違いや読み間違い等のヒューマンエラーを防ぐことが出来ます。

それに加えて、読み書きの手間が大幅に削減できるので業務の効率化が図れます。

物流用語辞典「ピッキングリスト」とは、出荷指示に従い、ピッキングを行う際に用いる指示書のことを指します。商品の保管場所や、商品コード、数量などが細かく指示されています。ピッキング作業の必需品です。オージーフーズ物流部での実例も交えてわかりやすく解説します。

物流作業をスムーズに出来る

ハンディターミナルを用いて、倉庫内の商品を管理している様子。

また、業務を行う際に今まで手書きで管理していた商品番号や管理番号などを入力していた場合には、両手でそれらの作業を行わねばなりません。しかし、ハンディターミナルは片手で使用することができるので、スムーズに作業を行うことが可能になり、作業の簡略化が可能です。

「DAS(ダス)」とは、Digital Assort Systemの頭文字を取った略称で、デジタルアソートシステムのことをいいます。 物流の現場・倉庫で行われる仕分け作業を誰でも簡単に正確にできるようにサポートするためのシステムです。従来のデジタルピッキングシステムは、「摘み取り式」と呼ばれ、リストと商品を照らし合わせながらの作業で時間工程が多くかかっていたのに比べ、「種まき式」となるのがDASです。作業者はあらかじめ設置された出荷先のコンテナなどに対し、手元にある商品を投入します。

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階


物流部直通TEL:048-949-5115

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。