リーチ式フォークリフト|物流用語辞典

リーチ式フォークリフトとは、荷役自動車であるフォークリフトの種類の一つです。

リーチ式フォークリフトとは

「リーチ式フォークリフト」とは、荷役自動車であるフォークリフトの種類の1つです。

「フォークリフト(Forklift)」とは、油圧を利用して昇降および傾斜が可能な荷役用のつめ(フォーク)を車体前面に備えた荷役自動車のことで「フォークリフト・トラック」とも呼ばれる重量物積み上げ運搬装置です。

フォークリフトの種類

フォークリフトには、リーチリフトカウンターリフトの2種類のフォークリフトがあります。

リーチ式フォークリフト

リーチ式フォークリフトは、立ったままで操作します  種類

リーチ式フォークリフトは、運転者は車体右側に背中をもたれさせるように立ったままの状態で操作します。

フォークリフト前部のツメを上下させることで荷物の運搬を行います  種類

車の前部にフォーク形の「ツメ」と呼ばれる鉄板が突き出ており、それを上下させることで荷物の積み下ろしや運搬を行います。また、ツメやマストが伸び縮みする(前後に動く)点も特徴の一つです。

リーチリフトは、タイヤが約90度回転することから、最小回転半径が小さく小回りが利き狭い箇所での利用に便利です。また、バッテリー式で排気ガスが出ないので、屋内専用での使用に最適です。

電動式のためクラッチ操作がなく、アクセルレバーを前に倒せば前進、手前に引くと後進、レバーの傾ける加減でスピードの調整をします。

カウンターリフト

フォークリフトには、「カウンターリフト」という種類もあります。

こちらは、運転手が座席に座って車のような操作感覚でハンドル操作を行います。特徴としては、転倒しにくく、作業効率が良い、小回りが利きにくい、屋内、屋外ともに利用でき、重い荷物を運ぶのに便利といったことがあげられます。

リーチリフト、カウンターリフトを操作するためには、安全衛生法によって定められた技能講習を修了し、技能講習修了証(いわゆるフォークリフト免許)が必須となっています。

「カウンター式フォークリフト」とは、荷役自動車であるフォークリフトの種類の1つです。カウンターリフトは、運転手が座席に座って、車のような操作感覚でハンドル操作を行います。車体の後ろに重りとなるカウンターがついているため安定性が高く、車体からはみ出すように左右に広がったような荷物を運ぶときも転倒しにくく、バランスを保って運ぶことができます。また、走行速度も速いため、効率よく作業を行うことができます。
物流資格について解説します。物流業界の仕事に関する国家・公的・民間の資格をそれぞれ詳しくご紹介いたします。現場での仕事に関わる主な資格の概要を解説いたします。採用や求人の場でアピールになる資格やスキル、どのような人材が必要とされているかについてもお話しします。

オージーフーズでの取り組み

オージーフーズではお客様からお預かりした貨物を安全に運搬するために、

バランス良く積みつけて運ぶ。荷重中心を意識してみる。
崩れそうな積荷は必ず固定して運ぶ
旋回時には速度を落とす。リーチインで必ず旋回。
見えない死角は下車してでも確認する

ということを徹底しています。

オージーフーズでは、貨物の安全な運搬に努めています  種類

お問い合わせはオージーフーズ物流部へ!

オージーフーズでは、お客様からお預かりした大切な荷物を安全に運搬できる体制を整えております。物流に関してご要望がございましたら、ぜひお問い合わせください!

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階


物流部直通TEL:048-949-5115

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。