タリフとは|物流用語辞典

タリフとは_物流用語辞典

タリフとは

タリフとは、物流業界において運賃を計算する上で必要とされる運賃率表のことです。

事業を始める際に、国土交通省運賃と原価計算書を提出しなくてはなりません。

物流部サービス概要はこちら ≫

お問い合わせフォームはこちら ≫

運賃率表とは

運賃率表は単位当たりの賃率を定めた表で、トラックの場合は輸送距離と重量をかけたものが基準になります。

2年に一度改定されているようで、約5%ほどずつ値上がりしているようです。

物流用語「アウトソーシング」についてわかりやすく解説する物流用語辞典です。物流アウトソーシングとは、社内で行っていた業務を外部に委託すること。「外部調達」や「外部委託」と呼ばれることもあります。自社の力だけではこなしきれない問題を解決してくれる方法です。

物流業界における運賃の課題

これからの物流業界を大きく左右するのが、運賃と人材不足の問題と言われています。近年では原油価格の高騰も物流業界には大きな痛手です。

その結果、近年ではトラック輸送、鉄道コンテナ、倉庫保管のジャンルにおいての値上がりが確認されています。内航コンテナ、RORO船などは横ばいで推移しています。

※RORO船とは、大型フェリー船のように、貨物を積んだ配送トラックの車体まるごと船に乗せて輸送する船舶のことです。

物流用語「コンテナヤード」についてわかりやすく解説する物流用語辞典です。コンテナヤードとは、輸出や輸入の際にコンテナの引き渡しや受け入れる場所のことです。英語で書くと「Container Yard」となり、頭文字をとって通称「シーワイ」とも呼ばれています。

2017年を境に物流業界は大きく変化しました。

運行管理計の装着義務の拡大と荷待ち時間の記録の義務化などの政策が実施されたことも記憶に新しいかと思います。

ヤマト運輸の運賃値上げに事を発し、近い将来に大きな改善が起こるようになるかもしれません。

物流用語「3PL」についてわかりやすく解説する物流用語辞典です。3PLとは「サードパーティー・ロジスティクス」の略称で、メーカーや企業が自社で行っていた様々な業務の内の物流部門を、外部の第三者機関に委託してよりよい物流の仕組みを作る業務体系のことを言います。

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階


物流部直通TEL:048-949-5115

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。