小分けとは|物流用語辞典

小分けとは_物流用語辞典

小分けとは

小分けとは物流加工の一つで、大きな容器から扱いやすい小さな容器に商品を移し替えること、または、店頭などで即時に販売できる形にすることを指します。

大量に仕入れた商品を小分けにして販売することにより、販売力アップが期待されます!

流通加工の作業において小分けは基本的な作業です。これからもこの作業はなくなることはないでしょう。

物流用語「流通加工」についてわかりやすく解説します。物流用語辞典です。流通加工とは、流通の工程の中でその商品に付加価値を付ける加工を指します。商品がお客様のお手元へ届く前に行われる様々な加工です。オージーフーズ物流部での例など交えて丁寧に解説いたします。

自動化が進む小分け作業

これまでは人間の手で行われてきた小分け作業ですが、今は自動化されているところもあるようです。

物流の作業工程の中でもとくに小分け作業は自動化にすることが最も大変と言われており、その理由は熟練の作業員の方の経験と能力に頼らざるを得ないことが原因とされています。

そして、この小分け作業を自動化することが出来れば作業効率は飛躍的に上がると言われています。

今、物流の世界でも自動化が急速に進んでいることは間違いないようです。

流通加工サービス概要 弊社食品物流センターでは、食品ごとの特性に応じ徹底した温度管理の基、検品...

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階


物流部直通TEL:048-949-5115

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。