SKU|物流用語辞典

「SKU エス・ケー・ユー」とは、Stock Keeping Unit(ストック・キーピング・ユニット)の略で、受発注や在庫管理を行う時の、最小の管理単位をいう。同じ商品でもパッケージ、入り数などの違いで区別し、アイテムよりも小さな単位に分類します。日常生活で使う言葉としては「種類」とほぼ同じ意味・使い方であるが、在庫管理においては「種類」より厳密な言葉として「SKU」という単語を使います。数字の単位として「1SKU」、「2SKU」と使うこともあります。例えばアパレル製品で同じデザインのTシャツで、カラーが4色あり、サイズがS・M・L・LLの4種類ある場合、「16SKU」と数えます。SKUではなく、「種類」という言葉ではデザイン、色、サイズ、どれも種類という言葉を使うことが可能なため、何を指しているのかが不明瞭になってしまうので、SKUという単位を使えば在庫管理上の品目数であることが明確になります。アパレル商品などでは、同一商品でもサイズ・カラーが存在するので、雑貨品や他の商品と比べると、管理すべきSKU数が多くなる傾向にあります。だたしSKUは、販売会社の管理用に自ら設定するものなので、サイズ・カラーを区別せずにSKUを設定する場合もあります。
在庫管理においては、SKUごとに管理を行うのが基本です。物流現場におけるSKU管理では、商品識別コード(JANコード)がついている場合、基本的にはこのコードを基準として考える場合が多い。JANコードとは、商品についているバーコードに書いてある番号のことです。

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階


物流部直通TEL:048-949-5115

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。