ハンディアソートシステム|物流用語辞典

ハンディアソートシステムとは、商品等に貼付されているバーコードをスキャンニングして、読み込んだデータからデータベースで保有する仕分け(アソートする)情報を抽出し、ハンディターミナル画面上に仕分け情報を表示させるシステムです。

ハンディアソートシステムとは

「ハンディアソートシステム」とは、商品等に貼付されているバーコードをスキャンニングして、読み込んだデータからデータベースで保有する仕分け(アソートする)情報を抽出し、ハンディターミナル画面上に仕分け情報を表示させるシステムです。

英語ではHandy Assort System、略称HAS(ハス)といいます。

このハンディアソートシステムは、ピッキング作業の基本的な方法です。

流通加工サービス概要 弊社食品物流センターでは、食品ごとの特性に応じ徹底した温度管理の基、検品...

ハンディアソートシステムのメリット

ハンディアソートシステムには、さまざまなメリットがあります。

ペーパーレス

まず第一に、ペーパーレスであること。

プリントアウトが不要であるということは、資材面でのコスト削減が可能です。

リスト読み上げ作業不要

ハンディアソート バーコードを読み上げているところ

バーコードを読むことで仕分け情報が確認できるため、リスト読み上げ作業が不要になります。

リスト読み上げ作業は二人一組で行うことになりますが、ハンディアソートシステムを使うことで、この読み上げ作業者が不要となります。

よって人件費も削減できます。

物流用語辞典「ピッキングリスト」とは、出荷指示に従い、ピッキングを行う際に用いる指示書のことを指します。商品の保管場所や、商品コード、数量などが細かく指示されています。ピッキング作業の必需品です。オージーフーズ物流部での実例も交えてわかりやすく解説します。

業務の標準化が可能

仕分けをバーコードのスキャンニングでできるため、作業者には商品知識が不要となります。

このため、誰でも同じ作業が可能になり、商品知識に依存しない業務の標準化が可能となります。

業務の品質が均一化できる

ハンディアソート 業務の均一化

必要な情報がハンディターミナルの画面上に表示されることで、仕分けミスが削減できます。

これによって、習熟度に関係なく業務の同一品質を保つことが可能になります。

柔軟な対応が可能

ハンディターミナルに情報が表示されることで、ラック等の仕分け区画の整備が不要となります。

このため、柔軟性に富んだ仕分け区画の運用が可能となります。

繁忙期など、一時的な業務量増加時も臨時スペースで対応可能となります。

物流部サービス概要はこちら ≫

お問い合わせフォームはこちら ≫

DASとGAS

ハンディターミナルなどで仕分けする商品をシステムで認識させ、仕分け先毎に設置されたデジタル表示機に商品の投入数を反映される仕組みがあります。

これはデジタルアソートシステム(Digital Assort System)、略称DAS(ダス)と呼ばれています。

さらに、DASを改良し、ミスの軽減を図ったシステムがゲートアソートシステム(Gate Assort System)です。

ハンディターミナル 商品の仕分け

こちらは略称をGAS(ガス)といいます。

オージーフーズでも、一部の荷主様向けにハンディーターミナルでピッキングを行い、GASを使用して出荷しております。

ハンディーターミナル ピッキング

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階


物流部直通TEL:048-949-5115

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。