ロボットマテハン|物流用語辞典

「ロボットマテハン」とは、資材や部品などの移送や搬送などに利用される産業用ロボットを指します。「マテハン」とは、マテリアル・ハンドリング(material handling)の略称で、物流業務を効率化する為に用いられる機械を指します。生産拠点や物流拠点内の原材料・仕掛品・完成品の全ての移動に関わる取り扱いを言います。マテハンを実行するため、またはマテハンを効率化させるための設備や機器のことを総称して「マテハン機器」と呼んでいます。マテハンの作業としては、モノの積み込み、搬送、保管、仕分け、取出しなどがあり、従来はフォークリフトや台車、パレットといった機器を用いて人手で行われていました。マテハン機器は、これまで人手を前提とした機器が主流でしたが、人手不足や物流センターの業務量の増加などを背景に、自動化・ロボット化に向けた取り組みが進んでいます。ロボットマテハンには様々な機器があり、物流倉庫において、商品や部品を搬送する役割を持った「搬送ロボット」や製品を品種別や納品先別などの目的ごとに仕分ける「ソーター」、注文や出庫指示などの要求に応じて必要なものを必要な個数だけ在庫から選び出す「ピッキングシステム」、部品や材料、製品などを荷棚に収納して保管し、在庫の受入から出荷までの一連の流れをコンピュータで一元管理する「自動倉庫」などがあります。こうしたロボットマテハンを使うことで、業務の生産性向上や品質のアップに繋がるメリットがあります。デメリットとしては、トラブルが発生すると、稼働が全て止まってしまい業務に影響が出てしまうことがあります。また、マテハン機器やロボットシステムに偏った業務内容の場合は、季節や商品の出荷数によってシステムの稼働率に左右されてしまうので注意が必要となります。

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階


物流部直通TEL:048-949-5115

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。