マテハン機器|物流用語辞典

「マテハン機器」とは、Material Handling Equipment(マテリアルハンドリング機器)の略称です。また、マテハンとは、マテリアル・ハンドリングの略で、モノの移動に関わること全般を指す言葉です。製造や保管・出荷などの工程上における移動の意味で使われます。またマテハンは、運搬管理と訳されることもあります。この場合は、荷役や保管、包装などモノを取り扱う作業を効率化し、経済性を高めるための技法や手法を指します。マテハンの目的は、機械によるモノの移動の効率化です。マテハン機器は、モノを効率的に移動させることを目的とする専用機械類のことをいいます。マテハン機器は、主にパレットやフォークリフトなどによって、原材料や仕掛品、その他商品等を移動させるために利用され、荷役作業の省力化・自動化・効率化のための機械や設備全般を指します。物流の現場では、荷物の積み下ろしや運搬などの重労働が多数ありますが、マテハン機器はこの物流業務を効率化するために用いられる作業機械の総称です。物流の現場で活用されているマテハン機器には、フォークリフトや台車、パレット、コンベア、搬送用ロボット、ソーター(自動仕分機)、ピッキングシステム、自動倉庫など多岐にわたります。物流業務の目的や用途に応じたマテハン機器を導入することで、物流コストの削減や効率化が期待できます。これらのマテハン機器へ、リアルタイムの仕分けや搬送を指示するシステムとして、WES(倉庫実行システム)やWCS(倉庫制御システム)があります。

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階


物流部直通TEL:048-949-5115

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。