受注管理システム|物流用語辞典

「受注管理システム」は、OMS:Order Management Systemのことです。商品の受注を一元で管理・処理するシステムを指します。近年のEC需要の高まりとともに、業務効率化を目指して導入を検討する企業も増加傾向にあり、ある程度の規模のECサイトなどでは、導入が必須のシステムとなってきています。これまで、EXCELなどの表計算ソフトや手作業で紙で行ってきた受注管理を行う会社が多くありましたが、近年はクラウド上で管理可能な受注管理システムを利用し、業務の効率化をはかる企業が多くなりました。受注管理を一括して行える受注管理システムでは、一連の受注管理の流れを総合して管理することが可能です。次のような大きく3つの機能があります。1.受注管理機能~注文者からの注文内容を確認し、出荷のために配送業者の出荷管理システムに取り込む出荷予定データを作成。2.出荷管理機能~商品の入荷からピッキング作業を一連して管理する。3.在庫管理機能~現在の在庫数を管理。こうした機能を有する受注管理システムをを導入することにより、受注管理における様々な業務を自動化することができます。大きなメリットは、3つあります。1.複数モール・カートの受注情報の一元管理ができる、2.業務の効率化が可能、3.人件費と消耗費の削減です。受注管理はこれまでの管理方法でも行うことはできますが、付随する様々な業務があり、管理が複雑なため自社のサイトだけでなく、たくさんのサイトからの受注が多いと、1つ1つ確認していくのに手間や人手がかかり、ミスも発生しやすくなってしまいます。導入のメリットは大きいのですが、システム料金に高額の費用もかかるため、システム導入をすることで、どの程度のコストカットが実現できるか、自社の業務フローを見直すことも重要です。

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階


物流部直通TEL:048-949-5115

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。