PDCA|物流用語辞典

「PDCA」とは、典型的なマネジメントサイクルの1つです。PDCAサイクルは、P(Plan)・D(Do)・C(Check)・A(Action)のそれぞれの頭文字を取った略称。計画(plan)、実行(do)、評価(check)、改善(act)のプロセスを順に実施します。

PDCAとは

「PDCA」とは、品質の維持・向上および継続的な業務改善活動を推進するための典型的なマネジメントサイクルの1つです。PDCAサイクルは、P(Plan)・D(Do)・C(Check)・A(Action)のそれぞれの頭文字を取った略称。計画(plan)、実行(do)、評価(check)、改善(act)のプロセスを順に実施します。

PDCAサイクルは、1950年代、品質管理の父といわれるW・エドワーズ・デミング(Dr. William Edwards Deming)博士が、生産プロセス(業務プロセス)の中で改良や改善を必要とする部分を特定・変更できるようプロセスを測定・分析し、それを継続的に行うために改善プロセスが連続的なフィードバックループとなるように提案しました。このためデミングサイクル(Deming cycle)とも呼ばれています。

PDCAを意識した業務改善活動のための会議

PDCAを意識した業務改善活動のための会議

繰り返しサイクルの仕組み

最後のactではcheckの結果から、最初のplanの内容を継続(定着)・修正・破棄のいずれかにして、次回のplanに結びつけます。

この4段階のプロセスP→D→C→Aを繰り返すことによって、品質の維持・向上および継続的な業務改善活動を推進するマネジメント手法です。

この繰り返しサイクルは、同じところを回るのではなく、らせん状に回ることで、問題を解決しクオリテイを向上させていくツールとなっています。

業務改善を円滑に進める手法の一つ

PDCAサイクルの考え方は、製造プロセス品質の向上や業務改善などを円滑に進める手法の一つとして事業活動に多く用いられており、ISO 9000やISO 14000などのマネジメントシステムに取り入れられています。

オージーフーズでの取り組み

オージーフーズでも、日々業務改善に取り組んでいます!

長期的な目標に向かって改善施策を策定し、月ごとに業務改善内容を点検、評価しています。お客様にご満足いただける作業品質の高いサービスが提供できるよう、日々改善を積み重ねて参ります。

ふせんに業務改善を洗い出しているところ

業務改善のための会議

業務改善ロードマップ

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階


物流部直通TEL:048-949-5115

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。