仕分けとは|物流用語辞典

「仕分けとは」、物流業界では倉庫や物流センターに集められた荷物を、商品を品種別・出荷先別などに分類していく出荷作業の中心になる作業のことです。仕分けだけでなく、指示された商品を探して集めていくピッキングや、注文と一致する商品が箱の中に間違いなく入っているか確認する検品、段ボールや特定の化粧箱などに詰めて物流に流す準備作業の梱包などといった業務を一緒に担う場合もあります。仕分け作業は、人の手による「手仕分け」と機械が自動的に行う「自動仕分け」があります。一次仕分けは、自動仕分けで行い、細かい仕分けを手仕事で行うハイブリッド形式を活用する企業も増えてきました。仕分け作業は、ミスなく正確に、そして効率良く作業を行うことが物流の現場にとって最も重要となります。「自動仕分け」では、自動仕分けは、様々な作業がシステムの導入によって自動化することで効率化をはかっています。たとえば、仕分け作業の前段階の「ピッキング」で取ってきた商品もバーコードなどでデータ管理されており、作業員がバーコードから読み取った商品につけられているデータに応じ、お客様ごとに仕分けていきます。この時に活躍するのが、GAS(ゲートアソートシステム)やDAS(デジタルアソートシステム)といったシステムです。自動化が進んだとはいえ、まだまだ最終的な確認や小物・繊細な製品など人の手が必要な仕分け作業は多く、無人の仕分け作業の現場だけにすることは難しい状況です。 人の手と機械を上手く使い分けて、融合させること工夫をすることが課題となります。

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階


物流部直通TEL:048-949-5115

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。