ピースピッキング|物流用語辞典

「ピースピッキング」とは、注文や要求に対して該当する商品を出荷最小単位で在庫から運び出すことを言います。単品ごとに摘み取るようにピッキングするので、バラピッキングとも言われています。ピッキングする単位で呼称が変わります。パレット単位のピッキングを「パレットピッキング」、ケース単位のピッキングを「ケースピッキング」と言います。ピースピッキングは、ケースピッキングなどに比べ、工数が多くなります。EC事業の発展や消費者のライフサイクルの変化から、近年は多頻度少量のピース単位での荷揃えが増加しています。しかし、ピースピッキングの対象となる商品には様々な形状・重さ・硬さなど千差万別のため、作業自動化が困難といわれていたジャンルです。作業者がピッキングを行う場合、ピッキング人員に人件費がかかること、ピッキングミスが起きるなどの問題があります。物流現場では、人手不足が常に問題となっていますが、近年では高度な技術の発展に伴い、ロボットを利用したピッキングが導入される事例も増えてくるようになりました。ロボットピッキングは、高速自動倉庫から連続で供給されるケースの中から、ロボットが多彩な商品を画像処理で認識し、アームの把持部を使ってピース単位で自動ピッキングを行います。ピッキングロボットは、作業精度が良く、ミスが少ないので作業の質を一定に保つことがメリットですが、導入費用が高額であることと、人手作業よりも広範囲のスペースを必要とする場合があります。

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階


物流部直通TEL:048-949-5115

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。