エアークッションとは|物流用語辞典

エアークッション(air cushion)とは、プラスチックフィルム・ビニールなどの中に空気を入れた「空気緩衝材」のことです。「エアクッション」とも言います。

エアークッションとは

エアークッション(air cushion)とは、プラスチックフィルム・ビニールなどの中に空気を入れた「空気緩衝材」のことです。「エアクッション」とも言います。

エアークッションの役割

空気の部分が弾力性を発揮して、商品が傷ついたり、箱の中で移動してしまうことを防ぐ働きをしてくれます。出荷する際に商品の破損を防ぐために、主に箱の隙間を埋めるために使用されています。

紙などの緩衝材と比べて強度が高く、広く商品の梱包時に用いられています。

エアークッションならゴミの削減に貢献

エアークッションならゴミの削減に貢献

エアークッションは、不要になった際には空気を抜くことで圧縮が可能なため、小さくできるのでゴミの量を大幅に削減できます。

扱いやすさから通販に最適なエアークッション

利用コストが高くはないのもメリットのため多くの通販会社が利用しています。洋服やかばん、靴などファッション関連の通販には最適な緩衝材です。

環境に優しいエアークッション

焼却しても有害ガスを発生しない素材を使用しているエアークッションもあります。

小さな部品の緩衝材には向かないエアークッション

エアークッションは細かい商品の梱包には不向き

空気で膨らませてあるためクッション自体の体積が大きく比較的かさばるので、PCの部品など小さい商品や細かい商品の梱包には不向きです。

段ボールのサイズが大きくなるため、結果として配送料が高くなってしまうことがあります。

エアークッションのメリットとデメリット

エアークッションのメリットとデメリット

エアークッションのメリット

  • ゴミの量を大幅に削減
  • 利用コストが安い
  • 焼却しても有害ガスを発生しない

エアークッションのデメリット

  • PCの部品など小さい商品や細かい商品の梱包には不向き
  • 段ボールのサイズが大きくなるため、結果として配送料が高くなってしまう

エアークッション以外にも様々な緩衝材があります

エアークッション以外の様々な緩衝材

エアクッション以外に緩衝材として用いられるものには、ポチエチレンシート、ウレタン気泡緩衝材(エアパッキン)、巻き段ボール、バラ緩衝材などがあります。

発送する商品のサイズや特性に合わせて、適した緩衝材を用いることが重要です。

「エアーキャップ」とは、気泡緩衝材のことです。エアーキャップは主に、エア(空気)の詰まった突起が沢山ついた緩衝材で気泡の空気圧によって衝撃を吸収しており、割れ物や精密部品を梱包する際に使用されています。緩衝材のなかでも、表面に直径7mm~32mmほどの気泡がついているものをエアーキャップと呼びます。「プチプチ」「エアキャップ」「ミナパック」「エアパッキン」「エアクッション」「エアマット」「キャプロン」「エアーバック」等の商標が使われています。
流通加工サービス概要 弊社食品物流センターでは、食品ごとの特性に応じ徹底した温度管理の基、検品...

お問い合わせはこちら!

オージーフーズでは、お客様のニーズに合わせた緩衝材をご提案致します。

こちらのページで詳しくご案内しておりますので、ぜひご覧ください。

オージーフーズ物流部サービス詳細ページはこちら ≫

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階


物流部直通TEL:048-949-5115

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。