コンベアとは|物流用語辞典

「コンベア」とは、物を一方向に一定のスピードで運搬する装置のことです。「コンベア」とは、物を一方向に一定のスピードで運搬する装置のことです。「コンベア」、「コンベヤ」。「コンベアー」、「コンベヤー」など様々な呼び方で呼ばれています。JISによると「荷(運搬物または搬送物)を連続的に運ぶ機械」というものです。物流現場では、「荷」という用語よりも「ワーク」と呼ばれることがほとんどです。「ワーク」については、大きく分けて2種類の分類があります。粉とか石炭などのように、一つの単位にまとめられていない塊状のワークを「ばら物」、ダンボールやパレットなどのように、一つの単位にまとめられているワークを「かさ物」などと分類されています。コンベアは、運搬することが主な目的ですが、運搬しながら検品、組み立てや加工を行う場合も多くあります。人力で移動せずに済むので、人には運べないものを運ぶことができたり、作業効率を上げることができます。コンベアは、平面だけでなく高低差にも適しているため、倉庫内で無駄なく運搬を行うことができます。コンベアには、様々な種類があります。コンベヤの中で最も利用されているものとして「ベルトコンベア」があります。ベルトコンベアは、幅広のベルトの両端をつなぎ、ローラで無限的に回転させて、ベルト上に乗せた物を移動させるものです。構造が簡単で、汎用性が高く、安価、大量にものを移動させることができる装置です。そのため、様々な業界で使用されています。その他の種類として、チェーンコンベア、ローラコンベア、振動コンベア、スクリューコンベア、流体コンベアなど豊富な種類があります。

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階


物流部直通TEL:048-949-5115

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。