サプライチェーン|物流用語辞典

「サプライチェーン」は、Supply:供給、Chain:連鎖で日本語では「供給連鎖」と言われています。

サプライチェーンとは

「サプライチェーン」は、Supply:供給、Chain:連鎖で日本語では「供給連鎖」と言われています。
サプライチェーンとは
サプライチェーンは製品の原材料・部品の調達から、製造、在庫管理、配送、販売、消費までの全体の一連の流れ全体のことを言います。生産者から消費者へ届くまでの間に、この一連の流れの中で繰り返される、受発注や入出荷といった取引のサイクルをチェーン(鎖)に見立て、サプライチェーンと呼ばれています。

行き交う連鎖の流れ

その連鎖の中には「モノ・お金・情報」の流れがあります。サプライチェーンでは商品などのモノの流れと情報は逆方向に流れていきます。そのため、商品は生産者から消費者へと流れていくが、お金・情報は消費者から生産者へと流れて行きます。

サプライチェーン・マネジメント(SCM)

サプライチェーン・マネジメントという取り組み
近年、サプライチェーン全体を最適化して、商品の供給を効率化させる「サプライチェーン・マネジメント(SCM)」という取り組みが注目されています。サプライチェーン・マネジメントを実施するには、「モノの流れ」、「お金の流れ」、「情報の流れ」を連携させることで、サプライチェーン全体の最適化に取り組むことになります。つまり、サプライヤー、メーカー、物流業者、小売業者、エンドユーザーからなる「サプライチェーン」の全体を統括する必要があります。サプライチェーン・マネジメントには、大きく3つのメリットがあります。在庫管理の最適化、リードタイム(生産・製造に要する期間)の削減、売り上げの最大化です。デメリットとして、サプライチェーン・マネジメント導入には時間的&金銭的&人材コストがかかることがあげられます。

オージーフーズではクラウド型のWMSを導入し入荷から保管・在庫管理、出荷までの管理を効率的に行っております。

サプライチェーン・マネジメントのメリット

  • 在庫管理の最適化
  • リードタイム(生産・製造に要する期間)の削減
  • 売り上げの最大化

サプライチェーン・マネジメントのデメリット

  • 導入時の構築に時間がかかる
  • 金銭的なコストがかかる
  • 導入時の構築に人材が必要となる

「出荷物流」とは、製造された商品を自社倉庫や工場から消費者に届くまでの物流のことを指します。商品の倉庫保管、梱包、輸送などのことです。「アウトバウンドロジスティックス(Outbound Logistics)」とも言われます。製品を製造するための材料を調達して、製品を製造し、完成された製品を消費者に届けるまでの流れ全体を「サプライチェーン」と言いますが、出荷物流はサプライチェーンの一区分になります。

お問い合わせはこちら!

オージーフーズでは、クラウド型のWMSでサプライチェーンを効率的に管理致します。

こちらのページで詳しくご案内しておりますので、ぜひご覧ください。

オージーフーズ物流部サービス詳細ページはこちら ≫

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階


物流部直通TEL:048-949-5115

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。