アウトソーシングとは|物流用語辞典

アウトソーシングとは_物流用語辞典

アウトソーシングとは

アウトソーシング(英語:outsourcing)とは、元々、外(out)から調達(sourcing)するという意味で、ビジネス用語として多く用いられます。

つまり外部委託のことです。

物流用語「アウトソーシング」についてわかりやすく解説する物流用語辞典です。物流アウトソーシングとは、社内で行っていた業務を外部に委託すること。「外部調達」や「外部委託」と呼ばれることもあります。自社の力だけではこなしきれない問題を解決してくれる方法です。

ビジネスにおけるアウトソーシングとは

ビジネスにおけるアウトソーシングとは、会社を運営するにあたって必要な仕事を担う人材やサービスを外部から調達することです。

アウトソーシングビジネス例

  • 各種事務作業代行…データ入力、契約受付、経理、総務etc.
  • 受注処理代行…外部コールセンター運営、在庫管理etc.
  • 採用業務代行…アルバイト募集、新卒募集、中途募集等、求人情報の発信と採用活動etc.
  • 受付業務代行…受付スタッフ、案内スタッフ、窓口対応業務etc.
  • 営業業務代行…営業部へのコンサルティング、営業研修、調査、各種営業業務等etc.

その他、公共事業などでもアウトソーシングは活用されています。

様々な業界で、その道の専門的知識やプロフェッショナルのスキルが要される時、アウトソーシングを利用するのは有効な手段です。

物流部サービス概要はこちら ≫

お問い合わせフォームはこちら ≫

物流におけるアウトソーシングとは

物流におけるアウトソーシングとは、物流関連の資産や仕事を外部に委託することです。

委託する物流関連の資産とはトラックからシステムまで幅広く、委託する仕事も配達のみの場合もあれば、棚入れ・梱包・配達のすべてを委託する場合もあります。アウトソーシングすることで、業務の効率化やコストの削減が期待できます。

「物流委託」とは、物流業務を物流専門業者に外部委託(アウトソーシング)することです。EC事業が拡大する中、自社で物流を受けもつ「自社物流」が大きな負担となり、物流委託を利用するEC事業者が非常に増えています。物流委託される業務内容としては、入庫・棚入れ・検品、商品保管、流通加工・ピッキング・梱包、発送、輸送です。最近では、受注、決済、ピッキング、配送などの一連の業務である「フルフィルメントサービス」の利用が増加傾向にあります。
物流用語「3PL」についてわかりやすく解説する物流用語辞典です。3PLとは「サードパーティー・ロジスティクス」の略称で、メーカーや企業が自社で行っていた様々な業務の内の物流部門を、外部の第三者機関に委託してよりよい物流の仕組みを作る業務体系のことを言います。

「アウトソーシング」と「派遣」ってどう違うの?

「アウトソーシング」「派遣」はビジネスにおいてそれぞれ意味合いが違います。

アウトソーシングサービスは仕事を外部に委託すること。

任せたい業務を外部のアウトソーシング業者へ委託する形になるため、プロの手で仕事をこなしてもらえる反面、自社内のスキル向上に結びつきづらい面があります。また、業務の管理や改善指示などは基本的にアウトソーシング業者任せになります。

派遣サービスは自社内の仕事に対して派遣スタッフを提供してもらうこと。

依頼者となる会社と派遣会社が労働派遣契約を結びます。自社の社員が派遣スタッフの仕事を管理し、時には仕事の方法を直接指示することもあるでしょう。

それぞれのメリットとデメリットを知り、効率よく成果を出せるサービスを利用しましょう。

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階


物流部直通TEL:048-949-5115

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。