自動倉庫システム|物流用語辞典

「自動倉庫システム」とは、商品や製品受入から出荷までの一連の流れをコンピュータで一元管理する「オートメーションシステム」を導入した倉庫のことです。一般的に、自動倉庫システムを導入するには、スタッカーラック、スタッカークレーン、制御装置、在庫管理装置などの完備が必要です。倉庫内の荷物は、スタッカーラックと呼ばれる倉庫内を移動する荷棚に収納し、コンピュータで制御されています。各倉庫に適合する独自の管理システムを構築することで入出庫作業を自動化していきます。倉庫に合わせて様々なものをカスタマイズして配備・構築を行っていくシステムなので、倉庫の内装や作業内容によって、適したシステムを構築するのに高額な費用がかかってしまう場合もあります。自動倉庫システムは、倉庫の形状や取り扱う商品に応じて、主に以下の種類に分けられます。パレット型、バケット型、フリーサイズ型、移動棚(ムービングラック)型、縦型式回転棚、冷凍・冷蔵対応自動倉庫、傾斜式流動棚(ユニスルー)。ほかにも、自動倉庫の種類・タイプは多く存在しているので、取り扱っている商品や製品の特徴に合わせたシステムを選定する必要があります。自動倉庫システムを導入することによるメリットとしては、作業員の負担軽減、人的エラーの削減、生産性・作業効率向上、省スペースの実現、物流品質の保持が挙げられます。一方、デメリットとしては、イニシャルコスト(初期費用の負担が大きい、荷主がある程度固定されてしまう、季節変動への対応が必須、随時機械トラブルやシステム障害への要対応が挙げられます。

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階


物流部直通TEL:048-949-5115

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。