商物分離|物流用語辞典

「商物分離」とは、流通の大きな2つの流れを取引の流れである「商的流通(商流)」とモノの流れである「物的流通(物流)」に分けることを指します。物流業務の改善や効率化を進めるためには、商流と物流を分離する商物分離が原則とされています。商流とは、売買取引などの商取引活動を指します。商的流通・取引流通とも言われます。その際に発生する金銭や所有権、情報の移動の流れのことです。「その商品は誰のものなのか」ということが、商流の焦点となります。商流を管理するには、販売管理などの基幹システムが用いられます。一方で、物流とは、モノの流れのことです。その商品はどこにあるのか」ということが、物流の焦点となります。物流は、WMSと言われる倉庫管理システムで管理されます。商物分離の典型例としては、荷主企業が社内において営業と配送を別々に行うケースや、物流を3PL(サードパーティ・ロジスティクス)事業者などにアウトソーシングするケースなどがあります。営業と配送で分けることで、営業は営業力に力をいれて活動することができ、物流は商品の管理や、配送に力を入れて仕事ができるので、営業の規模の拡大や商品の管理の徹底に繋がります。商物分離が可能になった背景としては、従来まとまりがなかった、商品の受発注・包装・保管・仕分け・配送などの物流活動を正確かつ効率的に制御可能な情報システムが構築されたことなどが挙げられます。商物分離に対する言葉として「商物一致」があります。小規模な企業などで、営業所の営業スタッフが受注した商品を商品管理したり配達する行う体制を言います。

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階


物流部直通TEL:048-949-5115

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。