BtoB|物流用語辞典

「BtoB」(読み方、びーとぅーびー)は、英語名としてはBusiness to Business。「B」は「Business」の略で企業のことで、企業間取引のことです。B2Bと表記することもあります。

BtoBとは

「BtoB」(読み方、びーとぅーびー)は、英語名としてはBusiness to Business。「BtoB」の「B」は「Business」の略で企業のことで、企業間取引のことです。B2Bと表記することもあります。
例えば、製品メーカー×商社の取引、卸問屋×小売店の取引などがあげられます。

BtoBのメリット

BtoBで取引される商品は、完成品ではなく素材や部品が中心になり、ターゲットが決まっており、取引先も固定されています。

BtoBのビジネスモデルは、企業が企業に対してモノやサービスを提供するものになります。

BtoBの特徴としては、企業同士の取引になるため、受注単価が大きく、また継続的な取引関係になることが多いので安定した収益が見込まれます。

また、購入までに時間はかかるものの、大きな市場規模であるのも特徴です。

また、マスメディア向けのプロモーションは少ない傾向であり、新規顧客獲得の集客方法は、対象企業に対し、直接アプローチをするのが一般的です。

BtoC(B2C)とは

似た言葉として、よく比較される「BtoC(B2C)」は、英語名としてはBusiness to Consumerです。BtoCは、企業と消費者との取引のことです。

BtoC企業は、一般消費者向けに商品やサービスを提供している企業であり、私たちが知っている企業の多くはB2C企業にあたり、オンラインショッピングなどを行っています。

「BtoC(ビートゥーシー)」とは、Business to Consumerの略で、企業(business)が一般消費者(Consumer)を対象に行うビジネス形態を言います。BtoCはインターネット上のオンライン店舗などによる様々なサービスや物品の販売といった電子商取引の1つの形態を示します。B2Cとも表記されます。

インターネットビジネスによる拡大

「B2B」や「B2C」といった表記は、toを英語の2にかけた単なる語呂合わせなので意味は変わりません。

いずれもインターネットビジネスの拡大によって、市場規模は巨大化していっています。

お問い合わせはこちら!

オージーフーズでは、BtoBやBtoCにも対応致します。

こちらのページで詳しくご案内しておりますので、ぜひご覧ください。

オージーフーズ物流部サービス詳細ページはこちら ≫

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階


物流部直通TEL:048-949-5115

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。