食品メーカーや飲食店のオンラインショップ制作に必要な画像とは

オンラインショップをはじめる時の「通販サイト開業や商品ページ制作にはどんな画像が必要になるの?」という疑問にお答えいたします!

※食品メーカー様、飲食店様向けのマニュアルページです。

実際に食料品専門の通信販売オンラインショップの運営実績があるオージーフーズが丁寧に解説します。また、私たちフードコーディネート事業部は様々なお客様からウェブサイト制作用の撮影のご依頼を頂いております。実例を含めて、わかりやすく解説いたしますね。

ぜひ、参考にしてみてください。

食品メーカーや飲食店のオンラインショップ制作に必要な画像とは

商品販売ページ用画像

【必須】商品イメージ画像

撮影例「西京焼」

「食べたい!」と気持ちが伝わる商品イメージ画像が必須です!

オンラインショップは画面越しで商品の魅力を伝えることが必要になります。画像を見るだけでも香りが漂ってきそうな、美味しそうな感じが見て取れるシズル感たっぷりの画像を用意しましょう。

料理写真撮影サービス詳細はこちら≫

【必須】商品形状画像

撮影例「西京焼商品イメージ」

商品が実際に手元にあるイメージが伝わるように、「正面から撮影した場合の画像」「裏面から撮影した場合の画像」「上から見た場合の画像」等々、商品の形状を複数角度から撮影するとより良いですね。

また、商品の実物のサイズ感や寸法も併記してあげるとより丁寧だと思います。いざ商品が届いた時に「冷凍庫に入らない!」なんてことがないように、お客様の目線になって、オンラインショップでお買い物する時に気になる情報を記載しておきましょう。

商品形状画像は「背景透過加工(白抜き加工)」を施す場合あり

商品形状写真の例

ちなみに、某大手通販サイトなどでは「商品画像は商品の形態がわかるように背景を白く切り抜きした正方形の画像を用意すること」とルールを定めている場合もあるようです。

フードコーディネート事業部の料理撮影サービスでは、商品形状撮影は一カット6,000円(税抜)で承ることが可能です。あわせて、別途オプションで背景切り抜き加工も対応可能です。どうぞお気軽にご相談くださいませ。

【あると良い】お届け形態画像

オンラインショップ用画像_商品お届け形状イメージ

通販をご利用くださるお客様としても「商品はどんな感じで届くのかしら?」という点は気になりますよね。

付属品がある場合、お届けする形態にこだわりがある場合なども、事前にお届け形状のイメージ画像を掲載しておいて、お客様にご覧いただいてからご注文いただけるとスムーズにご利用いただけることでしょう。

※お届けする箱が大きい場合、お客様が受け取る際のことも考えて箱の寸法を併記するとより親切ですね。【例】プロ向け食品、業務用食品、数日分まとめて届くものetc…

【あると良い】調理方法・食べ方解説動画

お客様がおうちで商品を食べる際に参考になる調理方法や食べ方、アレンジレシピなどを料理動画で解説してあげるとよりグッとイメージがわいて、食べたくなりますよね!

時代は動画です!

料理動画撮影サービスページはこちら≫

【あると良い】食べ方アレンジレシピ料理画像

土鍋で鯛の炊き込みご飯

また、商品を活用したアレンジレシピも一緒にご紹介して、お客様の関心をグッと惹きつけることも出来ますね。レシピ動画もあると喜ばれます。

おうちレシピのレパートリーが増えますよ(*^_^*)ということをお客様へご提案しましょう!

WEBサイト作り込み用画像

【必須】メインビジュアル

お弁当女子大集合

オンラインショップを訪れてくださったお客様に一目でお店のイメージが伝わるメインビジュアルが必要です。

メインビジュアルとは、オンラインショップのトップページに大きく掲載する画像のことです。一番初めに目に入る部分という意味で「ファーストビュー」と呼ばれることもありますね。

実店舗でも、看板が無いお店には入りづらいですよね。お客様をおもてなしする気持ちはオンラインでも同じです。「いらっしゃいませ!」の気持ちを込めたメインビジュアルを用意しましょう。

また、メインビジュアルに季節感を出すことで、「リアルタイムで活発に動いているオンラインショップ」という印象も出ます。

変わり映えの無い、殺風景なオンラインショップではなんとな~くお買い物しづらい感じがありませんか?やはり、オンラインショップの画像も鮮度が重要!というわけですね。

【必須】ロゴマーク

メーカー様の場合は企業ロゴマーク、飲食店様の場合はお店のロゴマークが必要です。

シンボルとなるロゴマークはウェブ制作でも頻繁に使用します。例えば、ページのヘッダーやフッター、領収書やしおりへの印字、SNS用画像に入れる透かし(転載防止のため)などなど、多岐に渡ります。

ロゴマークをしっかり掲げているウェブサイトは信頼度がアップするように感じませんか。

また、ロゴマークを大切にするとブランディングにもなります。一目見ただけで「あ!あのお店だ」とお客様に伝わるようにしたいですね。

ロゴマークは「ファビコン」にも使います

「ファビコン」の例

「ファビコン」とはウェブページを開いた時にタブやブックマークのアイコンとして表示される小さなアイコンのことです。

ちょっと専門的な要素ですが、ココがちゃんと設定されているとしっかり作り込まれているウェブサイトに見えますよ!設定方法はとても簡単なので、ロゴマーク等を正方形に加工してファビコンとして使うのがおすすめです。

【あると良い】お店のイメージ動画

お店のイメージが伝わる動画があると良いですね!やはり動画は目を引きます。

メインビジュアルを動画にすることも有効です!画面いっぱいに美味しそうな動画が全面に出てきたら、もう食べたくなっちゃいますよね( *´艸`)

サイト制作上で動画を使用する場合はYouTubeが便利です。

まずは動画をYouTubeにアップロードしてから、YouTubeの動画埋め込み用URLを使うのがお手軽で重宝しています。弊社のフードコーディネート事業部の料理動画撮影サービスのページのメインビジュアルもYouTubeにアップした動画を埋め込んで表示しています。

YouTubeチャンネルはこちら≫

【あると良い】店舗の様子が伝わる画像

料理撮影スタジオ設備紹介2_スタジオ風景

オンラインショップだけでなく、飲食店の実店舗を運営している方はぜひお店の写真を掲載してください。メーカー様は工場や直営店の画像があると良いでしょう。

お客様は日本全国各地からオンラインショップへアクセスしてくださいます。遠方のお客様にもお店の雰囲気が伝わる画像があると親近感がわきますね。顔がわからない見知らぬお店よりも、ちゃんと顔が見えるお店でお買い物したいと思いませんか。

オンラインショップの説得力になります。

【あると良い】ブランドや歴史が伝わる画像

オンラインショップ用画像_歴史イメージ

オンラインショップの説得力をより強化するために、お店や商品のブランドや歴史が伝わる画像があると良いですね。よく、名店と呼ばれる店舗には創業時の写真が飾ってあるイメージがありませんか。

ちなみに、上記の写真は弊社の創業者であり現会長の大野進の当時の姿です。

【あると良い】スタッフの画像

フードコーディネーター4人

やはり、スタッフの顔が見えると安心感に繋がります。素敵な笑顔の写真でオンラインショップを訪問してくださるお客様へご挨拶しましょう♩

店主の写真を掲載して、店主のこだわりを伝えるページを作っている事例が多いですね。

SNS用画像

【あると良い】映える料理写真

母の日料理レシピ「お母さんおつかれさまオムライス」

商品の写真をそのままSNSで使用することももちろんアリですが、さらに「映え」を追求した料理写真もあるとなお良しです。かわいい盛り付けでアレンジしてみたり、季節のイベントにあわせた撮影をしてみたり、お客様がついついシェアしたくなる料理写真を用意しましょう。

オンラインショップにとって、SNSでの認知度は重要です。SNSでバズった時の瞬発力は計り知れないものがあります!

※バズる=SNSで話題になる、注目を集める状態。「○万いいね!」「○万リツイート!」「○万PV!」等の指標があります。

【あると良い】映える料理動画

まずは画像があればOKですが、さらにSNS映えを狙うなら動画があるとなお良いです!

SNSを流し見しているタイムラインで目を引く動画があるとついつい見てしまいますよね。

【あると良い】広告用の商品画像

SNSで広告用の画像もあると良いですね。

季節限定の商品画像でも良いです。産地ならではの写真や、身近なSNSだからこそ発信できる画像もお客様に喜ばれるかもしれません。

その他

同封物・印刷物用の画像

商品をお届けする際、作り方やレシピなどがわかる同封物があると良いでしょう。

QRコード

スマホでピッと読み取るQRコードは、実はオンライン上のQRコード無料生成サービスを利用すれば誰でも簡単に指定のURLへアクセス出来るコードを作成することができます!

商品をお届けした際の同封物にリピート注文を促すQRコードを添えたり、YouTubeへアップした食べ方解説動画へ直接アクセスできる動画URLのQRコードを生成したり、活用方法は無限大です。

あとがき

いざ、オンラインショップを立ち上げるとなると「一体何から用意したらいいの?」と手探り状態になってしまいますよね。

ウェブサイト制作は画像や動画のコンテンツがとても重要です。

画像や動画が無いオンラインショップでお買い物をするのはなかなかハードルが高いと感じませんか。やはり、どんなお店か、どんな商品かがしっかりと伝わるオンラインショップであることがお客様への説得力になり、安心感に繋がります。

オンラインショップ立ち上げの初めの一歩はなかなか思い切りが必要かもしれませんが、要領がわかってくると案外出来ますよ要は、慣れです!(^O^)/

全国の食品メーカーご担当者様、飲食店運営者様に、この記事でご紹介した内容をお役立て頂けたら幸いです。

ご質問やご相談は下記お問い合わせフォームからどうぞお気軽にご送信くださいませ。

無料相談・お問い合わせフォーム≫

The following two tabs change content below.
フードコーディネート事業部

フードコーディネート事業部

株式会社オージーフーズのフードコーディネート事業部です。料理写真撮影、料理動画撮影、映える「食」の撮影は私達にお任せください。弊社所属のフードコーディネーターとフードフォトグラファーがお手伝いいたします♩東京都内、新宿駅から徒歩約5分の本社ビル内にキッチンスタジオを完備。

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。