食品添加物表示制度の動向について解説!

令和2年7月16日に、下記の食品表示基準の改正がされましたが
・食品添加物に関する表示
・原料ふぐの種類に関する表示
・特色のある原材料等に関する表示  他

今回は「食品添加物に関する表示」について解説いたします。

過去のメルマガ等でも食品添加物に関して記載しております。

宜しければご覧ください。

▼食品添加物とは。概要と表示方法を食品表示のプロが解説

食品添加物について解説します。保存料や甘味料など(食品表示基準 別表第6)で示された8種類の用途に使用される添加物は、その用途名を併せて表示することが必要です。食品添加物の表示にも色々なルールがあり、それらを正しく理解して間違いのない食品表示をしましょう。

▼食品添加物の「用途」と表示方法を食品表示のプロが解説

食品添加物の「用途」の表示についてプロが解説。わかりやすい食品表示講座です。添加物による効果だけで判断すると、指定されている用途と間違える事があります。複数用途のある食品添加物は主な目的とする用途の記載が必要です。表示方法を解説します。

▼添加物とは【食品品質管理用語辞典】

食品品質管理・品質保証の専門用語「添加物」について解説します。わかりやすい用語辞典です。添加物とは、添加物に占める重量の割合の高いものから順に、物質名等で表示します。添加物の表示方法や省略規定についてわかりやすい具体例を交えてポイントを詳しく解説します。

改定の内容

添加物の用途で「甘味料」・「着色料」・「保存料」で使用されていた「人工」・「合成」の用語が使用禁止になりました。

それに伴い、一般用加工食品の横断的義務表示事項を定めた食品表示基準第3条第1項の表「添加物」の項、別表第6、別表第7が改正され、「人工」・「合成」の用語を削除されています。

「人工」・「合成」が無添加表示のためだけに使用されている傾向にあり、消費者の誤認を防止する観点等から改訂されたようです。

経過措置期間は、2022年3月31になります。

同日までに、製造・輸入される加工食品や、販売される業務用加工食品の添加物については、従来の表示方法も認められます。

議論されている内容

まだ、改訂には至っていませんが、食品添加物表示に関する検討会で下記が議論されています。

①一括名、簡略名・類別名表示 / 用途名の表示

・食品添加物は、物質名で表示する他、一部の添加物は一括名等で表示が可能。

②無添加、不使用の表示

・消費者の誤認を招く無添加表示の存在。

・具体的な表示禁止事項の解釈を示す通知が不明確。

③栄養強化目的で使用した添加物の表示

・一部の食品(ジャム類等)を除き、表示が不要。  他

これらの今後の整理の方向性としては、下記が示されています。

①一括名、簡略名・類別名表示 / 用途名の表示

・見やすさ、なじみがある、表示可能面積不足等から、現行制度を維持

・使用した個々の物質や目的について、事業者が消費者へ自主的な情報提供を実施。

②無添加、不使用の表示

・表示禁止事項を明確化するため、「無添加表示」に関するガイドラインを策定

③栄養強化目的で使用した添加物の表示

・消費者の分かりやすさの観点から、原則全ての加工食品に表示する方向で検討

・事業者の影響等の調査や消費者委員会食品表示部会の「表示の全体像」も踏まえる必要。

過去のコラムでも無添加、不使用の表示に関して記載しております。

宜しければご覧ください。

▼添加物無添加・不使用とは。表記条件や食品表示の例をプロが解説

巷では「○○(用途名や一括名)無添加」「添加物不使用」とパッケージ・POPに書かれている食品をよく見かけますが、本当にそう書いていい商品なのでしょうか? 無添加・不使用と書くことができる条件と、その最近の動きについて解説いたします。

今後も食品添加物表示制度の動向に注視して、改訂がありましたら、発信していきます。

<参考資料リンク>

▼これまでの食品表示基準の改正概要について(消費者庁)

https://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/food_labeling_act/pdf/food_labeling_cms101_200716_23.pdf

▼食品表示基準の一部改正について(内閣府)

https://www.cao.go.jp/consumer/kabusoshiki/syokuhinhyouji/doc/200525_shiryou1_1.pdf

弊社では、食品表示チェック、表示案の作成のご依頼承っています。表示関係で何かお困り事をお持ちでしたら、オージーフーズ品質管理サポートサービスまでお気軽にお問い合わせください。

品質管理部へのお問い合せフォームはこちら ≫

お電話でのお問合せはこちら
TEL:03-5367-2327
(平日10:00~17:30)

「こんな話題を扱ってほしい」「ここがよくわからないので解説してほしい」など、リクエストもお待ちしております!

オージーフーズ品質管理部メールマガジン2021.1.28発行号

メールマガジンのご登録・詳細はこちら ≫

The following two tabs change content below.
徳原
徳原
前職は製菓・製パンの卸の品質管理を担当していました。 食品表示検定上級、品質管理検定(QC検定)3級、マーケティングビジネス実務検定B級の資格を持っています。好きな食べ物は米、酢です。

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。
お問合せはこちら≫