「新表示切替時によく間違える点」について

こんにちは。オージーフーズのサポート部・品質管理チームです。
今回の品質管理コラムは、「新表示切替時によく間違えている点」について解説します。
みなさんの取扱う商品は既に食品表示法に対応した新表示に切替ていますか?
作成する際にどのような点に気を付けていますか?

販売会社の品質管理業務として食品表示法に対応した表示を多くチェックしています。
その中で、記載間違いが多く見られるのは栄養成分表示でした。
栄養成分表示のどの点で間違った表示をしてしまうのか詳しく説明していきます。

「栄養成分表示」でよく見かける間違い

栄養成分表示で見かける間違いには下記のようなものがあります。
1:「栄養成分表示」と記載しなければならないのに、記載文言が違っている。
2:エネルギー(熱量)の表示単位は、小文字の「k」表示にしなければいけないところ
大文字の「K」表示にしている。
※大文字の「K」は国際単位の熱力学温度:ケルビンを指す為使用出来ません。
3:ナトリウムを食塩相当量で記載しなければならないところナトリウムのまま
表示している。
4:ナトリウムの表示単位は㎎なのに対して、食塩相当量はg表記を
しなければならないところ食塩相当量についても㎎表示している。

上記4については、大手コンビニエンスチェーンで販売したヨーグルト商品の
記載単位が間違っていた為、回収をしていました。

実例:
栄養成分表示(単位表記)の誤りについて 2018.07.26 【お知らせ】
平素は●●をご愛顧賜り、誠にありがとうございます。この度、●●店舗にて2018年7月17日(火)から7月26日(木)19時まで販売しておりました「●●ヨーグルト」において、下記の通り栄養成分表示(単位表記)に誤りがある事がわかりました。
●当該商品:●●ヨーグルト
正)食塩相当量0.36g  誤)食塩相当量0.36mg
正)カルシウム81.5mg  誤)カルシウム81.5g
ただちに当該商品を店頭から撤去しましたが、既に販売された商品がございます。当該商品をご購入いただいたお客様には商品またはレシートと引き換えに返金させていただきます。お手数ですが、お買い求めいただいた店舗、または下記のお問い合せ先へご連絡いただきますようお願い申し上げます。この度は、お客様へご迷惑をお掛けしましたことを、深くお詫び申し上げます。

このような一文字違いといった些細な間違いであっても、
表示間違いとして商品の回収等に費用がかかるだけでなく、
社会的信頼も失う事になるのです。
みなさんが作成している表示においても、十分注意する必要があります。

栄養成分表示においてよく間違える項目を色かけしてみました!
作成時に下記点にも注意してみてください!!
※あくまで一例ですので、この点のみ注意すれば良い訳ではありません。

「数値の丸め方」が決まっています!

今まで、栄養成分の数値の丸め方については、
製造メーカー及び表示責任者に任されていました。
それが、食品表示法においては、数値の丸め方が決まりました。
表示する位の1つ下の位を四捨五入して表示します。

計算例

栄養成分表示に現れない部分ではありますが、正しく理解し、根拠資料から計算する際に
間違いのない表示作成を行ってください。

オージーフーズ品質管理サポートサービスでは、食品表示チェック食品表示案の作成及び
栄養成分の分析を行っています。
お気軽にお問い合わせください!

The following two tabs change content below.
石川
石川
品質管理歴14年 前職はカット野菜メーカー。管理栄養士の資格を持っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。