NO IMAGE

物流代行とは|物流用語辞典

「物流代行とは」、EC通販(電子商取引)などの荷物の発送を含めた物流業務を外注(=アウトソーシング)することです。商品を倉庫で預かり、在庫の管理から商品の梱包・発送までを請け負ってくれるサービスです。会社によって若干の違いは生じるものの、基本的な委託可能業務は、検品・入庫、保管・ピッキング、流通加工、梱包・出荷I、発送・配送、EC・通販サポートです。これらのバックエンド業務を一括して引き受けてくれるのが物流代行会社です。

NO IMAGE

総合通販とは|物流用語辞典

「総合通販とは」、幅広いジャンルの商品を販売することで、顧客がショップ内で「欲しい物」を探すタイプの通販です。規模が大きいのが特徴で、取り扱う商品が多いため幅広く顧客を獲得できます。デメリットとしては、商品が他のショップと重複するため、常に価格競争にさらされます。また、取り扱い点数が大きくなることで総在庫数も大きくなり、仕入れ費用や保管費用、商品を登録する作業や、在庫管理などの人的費用も大きくなりがちです。初期投資額が大きくなってしまいます。

NO IMAGE

バルク区分|物流用語辞典

「パルク区分」とは、郵便物を差し出す場合、差し出す前に郵便区番号ごとに郵便物を分別して結束する作業のことです。「バルク分け」とも言います。大量の郵便物を一度に送付する場合、あらかじめ差出人側で郵便番号ごとに仕分けする「区分郵便物」を利用することで、郵便料金が通常よりも割引されます。この「区分郵便物」の適用を受けるために行うのがバルク分けです。大量の郵便物のバルク区分作業は、時間も手間もかかるため、DM送付などでこの作業を代行して行う業者もあります。

NO IMAGE

出荷物流|物流用語辞典

「出荷物流」とは、製造された商品を自社倉庫や工場から消費者に届くまでの物流のことを指します。商品の倉庫保管、梱包、輸送などのことです。「アウトバウンドロジスティックス(Outbound Logistics)」とも言われます。製品を製造するための材料を調達して、製品を製造し、完成された製品を消費者に届けるまでの流れ全体を「サプライチェーン」と言いますが、出荷物流はサプライチェーンの一区分になります。

NO IMAGE

在庫型物流センター|物流用語辞典

「在庫型物流センター」とは、物流センターの種類の1つです。「物流」部分を省いて在庫型センターと表記されるケースもあります。一般にイメージするスタンダードな物流センターを指します。在庫型物流センターは、商品が到着したら、検品を行い在庫として保管・管理し、受注内容に応じてピッキングをし、検品や梱包などの物流加工、指定納期に到着するように出荷するという基本的な物流センターの機能を備えています。

NO IMAGE

低床倉庫|物流用語辞典

「低床倉庫」とは、倉庫の床面が敷地地面と同じ高さにある構造の倉庫のことです。地面と倉庫との境がフラットになり、余計な段差がない分、トラックやフォークリフトなどの車両や重機がそのまま出入りでき、効率的な作業が可能です。低床式は、車両や重機を使った物の出し入れが多いタイプの事業に向いていると言えます。また、床を底上げする必要がないので、高床式に比べて建築費を安く抑えることが可能です。

NO IMAGE

テレコ出荷|物流用語辞典

「テレコ出荷」とは、あて先間違いのことで、2つの荷物の宛先票を相互に取り違えて出荷してしまうことです。「A社とB社の商品をテレコで出荷してしまった。」などのように使用されます。「テレコ」とは、歌舞伎に由来し「2つの筋書きを2つにまとめ、1幕おきに交互に展開していくこと」を指し、現在では「あべこべ」、「互い違い」という意味として使われるようになりました。テレコ出荷は、送り状の貼り間違いなどによって起こる場合があります。

冷蔵物流|物流用語辞典

「冷蔵物流」とは、基準の温度を保ちながら商品・生産物を生産者から消費者へ届ける過程のことです。冷蔵物流には、輸送・保管・荷役・包装・情報・流通加工といった段階があります。 そこで用いられるのが3つに分けられた温度帯(3温度帯)で、常温(ドライ)・冷蔵(チルド)・冷凍(フローズンと分けられています。チルドと呼ばれる冷蔵の温度帯は、5℃~‐5℃で、この温度帯でわれるものとしては、野菜や果物、乳製品や練り製品などが挙げられます。

エアークッションとは|物流用語辞典

「エアークッション(air cushion)とは」、プラスチックフィルム・ビニールなどの中に空気を入れた「空気緩衝材」のことです。「エアクッション」とも言います。空気の部分が弾力性を発揮して、商品が傷ついたり、箱の中で移動してしまうことを防ぐ働きをしてくれます。出荷する際に商品の破損を防ぐために、主に箱の隙間を埋めるために使用されています。紙などの緩衝材と比べて強度が高く、広く商品の梱包時に用いられています。

NO IMAGE

ピースピッキング|物流用語辞典

「ピースピッキング」とは、注文や要求に対して該当する商品を出荷最小単位で在庫から運び出すことを言います。単品ごとに摘み取るようにピッキングするので、バラピッキングとも言われています。ピースピッキングは、ケースピッキングなどに比べ、工数が多くなります。EC事業の発展や消費者のライフサイクルの変化から、近年は多頻度少量のピース単位での荷揃えが増加しています。

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階


物流部直通TEL:048-949-5115

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。