おせちのかまぼこ・ローストビーフ・海老の写真映え盛付けのコツ

こんにちは!オージーフーズのカメラマンです。

先日アップしたおせちに関する記事はご覧いただけましたでしょうか?

今日のブログもおせちをテーマに、今回はおせち料理の中でも彩りが良く盛り付けのポイントになる3つの食材について詳しくお話ししたいと思います。

おせち料理のかまぼこ、ローストビーフ、海老の写真映えするおしゃれな盛り付け方についてカメラマンがご紹介

とくに今回はカメラマン視点写真映えを意識してご紹介いたしますね。

ステキにおせちを盛り付けて、お正月の記念写真がもっと彩り豊かになりますように♪

目次

おせち料理「かまぼこ」おすすめの盛り付け方

紅白の色あいで縁起が良いとされているかまぼこは、切り方や盛り付け方で見た目も美しく、華やかになりますね。

まずはとても簡単写真映えする盛り付けをご紹介します。

かまぼこ盛り付け(半月切り)

紅と白のかまぼこをそれぞれ1本ずつ準備しましょう。

写真のように半月を更に半分に切り、紅白を互い違いに並べ直すだけでとてもお目出度い印象になります。おめでたい!

また、もうひと手間かけたアレンジもご紹介いたしますね。

かまぼこ盛付け(ねじねじ)
とても可愛らしい印象になりますね♪

ねじり紅白もオススメです。

作り方は、かまぼこの上の部分(色のついた部分)を2~3mmくらいの厚さで2/3程剝がすように切り込みを入れます。

その剥がした部分の真ん中に、ちょっとだけ切り込みを入れて、端をくるっと中に通すと完成です!

かまぼこねじねじアレンジの方法
手順を描いてみました٩(๑❛ᴗ❛๑ )

1回ねじる(切り込みの中にくるっと通す)だけで写真のような感じに仕上がります。

方法がわかると単純で簡単ですが、パッと見ると上級アレンジに見えますよね。お料理上手に見えること間違いなしです!これぞ写真映え!(笑)

おせち料理「ローストビーフ」おすすめの盛り付け方

最近のおせちでは日持ちするローストビーフやハムをお重に入れる事も多くなりましたね。彩りにもなり、お肉好きの家族にも喜ばれる、おせちの中でも人気の品のひとつです。

おせち料理での盛り付けのコツとしては、お重盛りであれば扇のように開いて盛り付けるとお重が一層華やかになります。

段々に、少しずつ重ねて盛ることにより、見た目の量感も増して豪華な印象になります。

ローストビーフを盛るときは「色」を引き立てて

ここで映える盛り付けのコツは、を意識してみてください!

ハランなどの緑の葉物を後ろに添える事で、ローストビーフのも際立ちます。

ローストビーフ寄り(緑の葉っぱ添え)

補色という関係性をもつ色です。

補色はお互いの色を引き立て合うので、それぞれの色がよりいっそう映えるんです。

ちょっと専門的に説明すると、補色とは「色相環(プロが色を見る際に使用する、輪っか状の色一覧表)の反対側で対になるお互いの色」のことです。ちなみに、の補色は黄橙色と言われています。

ローストビーフに限らず、なにかお料理を盛り付けるときは色がもつ関係性を気にしてみると、よりいっそう彩り豊かな盛り付けができて楽しいですよ♪

おせち料理をお皿盛りにするときのローストビーフは?

また、おせち料理をお皿盛りにするときは、他の食材とのバランスを見て少量ずつ盛り付けてみましょう。

バランスが取りやすく、上品な印象になってオススメです。

ローストビーフおせち盛り
このお皿盛りの場合は、後ろの3品に緑の葉を添えて色のバランスをとってみました。

お皿盛りのおせち料理の良いところは、一人前ずつ綺麗に分けることができるのもポイントですよね。

少しずつバランスよく持って、レストランで出される一皿のような演出も!

お皿盛りのおせち料理について詳しくフードコーディネーターが紹介している記事もあります。こちらも読んでみてくださいね。

おせち料理をお皿一枚ワンプレートに盛り付ける方法を、オージーフーズのフードコーディネーターが詳しく写真付きでご紹介いたします。お重箱がないご家庭でもお正月にはおせち料理を楽しみたいですよね。家族の人数によってはお皿盛りの方が良い場合も!一緒におせちを楽しみましょう♪

おせち料理「海老」おすすめの盛り付け方

おせち具材の中でも一際目を引く海老は、お重の中でもお皿に盛っても、それだけでインパクトがありますね。

そんな海老の盛り付けポイントは、お重の中では出来るだけ頭は下げず上に向けるように盛りましょう。向きを揃える事で整った印象になります。

海老盛付け「つ」の字

お皿盛りの場合も決まり事は特にありませんが、写真のように海老の頭を少しずらして重ねると格好良く決まります。

海老盛り付け(ちょいずらし)

また、お盆に少量ずつ盛る場合は、インパクトのある海老を真ん中に盛ると上手くまとまります。

おせち料理を盛り付けるときに大活躍するもの!

おせち料理を盛り付けるのに重要なポイントとして、葉物の使い方があります。

写真のように、お重の中で仕切りのように使ったり、彩りを添えたり、少し大げさに飛び出させて立体感も持たせ華やかにする役目を担っています。

お重仕切りアップ
厚紙にハランを巻いて仕切りにしました!

おせちで使われる葉物の種類は一般的な物で、南天、万両、ハラン、裏白(うらじろ)、立桂(たちかつら)、ヒバ、レザーファンなどがあります。

今回の撮影では南天、ヒバ、ハラン、レザーファンを使用しました。

これらの葉物を幾つか揃えておくと、ワンランク上の盛り付けになると思います。

日常のお料理でこういった葉物を使うことはなかなか無いかもしれませんが、おせち料理など特別な時は、せっかくですから小物も揃えてみるのも良いですよ♪

スタッフより

今回は3つの食材の盛り付けポイントをお話ししました。

ご家庭で盛り付けるのであれば、おせちの決まり事などはあまり気にせず、盛り付けのポイントを押さえ、好きなものを盛り付けて一年に一度のお正月を楽しみましょう!

お正月の写真を撮るとき、食卓に並ぶおせち料理が映える出来栄えだと気分も上がりますよね。私たちのブログを参考にしていただけたら嬉しいです。

今回ブログに掲載するために盛り付けて撮影した写真のおせち料理は、お取引先様のショップチャンネル様で販売したおせちセットです。

お客様の食卓に合わせ好きなように盛り付けを楽しむことができ、ショップチャンネル様でも毎年大人気の逸品です!

料理写真の詳細ページをご覧ください(小牧)

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7NOF南新宿ビル2階

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。