サラダの盛り付け方の7つのコツとおしゃれアレンジのアイデア集

こんにちは♪オージーフーズのフードコーディネート事業部所属のフードコーディネーター原田です(*´˘`*)

今回は、サラダの盛り付け方7のコツと、サラダをおしゃれにアレンジするアイデアの数々をご紹介いたします!

サラダの盛り付け方の7つのコツとおしゃれなアレンジのアイデア集

野菜ってつい不足気味になってしまいますよね。コンビニやデパ地下などでもお手軽に買えるようになりましたが、意識して食卓に並べないとなぁと思います。

日々のおうちごはんや、パーティーや女子会などでも使えるおしゃれにサラダを楽しむための盛り付け方のコツとアイデアをフードコーディネーターが詳しく解説します。皆さまの食卓に活かしていただけたら嬉しいです!

ちなみに、ブログ内で紹介しているサラダの写真はすべて私たちフードコーディネート事業部で作って盛り付けたものです。撮影も弊社専属のカメラマンです。

写真のサラダの盛り付け方も参考にしてみてくださいねっ୧꒰*´꒳`*꒱૭✧

サラダを美味しく楽しむ盛り付け方のキホン7つのコツ!

まず初めに、サラダを盛り付け方のキホンのコツからお伝えします。どんなお料理も、おしゃれに楽しむにはまずはキホンを押さえてから♪

私たちフードコーディネーターがサラダを盛り付ける時に意識しているポイントを解説しますね。

しおれやすい野菜は水につけて

葉野菜などはパリッとさせるため、水に数分つけましょう。

野菜ならではの鮮やかな色合いに戻りますよ!

水切りはしっかりと

ドレッシングの味が薄くなってしまったり、サラダの味にムラが出ない様に野菜の水切りはしっかりしましょう。

和えるタイミングも大切

グリル野菜サラダは熱いうちに調味料で和えることで、味のなじみも良くなります。

トッピングは見た目と歯ごたえを重視

ナッツ、クルトン、レーズン、ワンタンの皮の素揚げなど。

トッピングを入れることによって、見た目だけでな歯ごたえコク増しますよ。

緑、赤、白、黄色を入れよう

  • 緑(葉物、キュウリ、アボカドなど)
  • 赤(トマト、パプリカなど)
  • 白(ゆでたまご、チーズなど)
  • 黄(コーン、かぼちゃなど)

これらを入れるだけで、彩りが良くなりますし、野菜は何を組み合わせても失敗しにくいので、見た目の色で選んでみても良いと思います。

調理道具をそのまま器にしてみる

お料理をおいしそうに見せるためには、湯気や温度感など、シズル感も大切です!

じゃがいもやかぼちゃなどの蒸し野菜をせいろに入れて出したり、おしゃれなスキレットなべにグリルした野菜やソーセージなど合わせて食卓に出すだけで、一気にメイン料理に変身しちゃいます。

「シズル感」という言葉を聞いたことはありますか?今日は、新入社員の私がフードコーディネート事業部に配属になって感動したシズル感についてご紹介いたします。料理撮影に重要なポイントです。実際に私たちが撮影した写真の例も添えてご紹介いたします。動画もあります♪

『シズル感の見せ方』についてもっと知りたい方は、
フードコーディネーターが書いたブログ記事もチェックしてみてくださいね!

最近の流行りでは、カッティングボードでカットした野菜そのまま食卓に並べるのも臨場感があって良いかと思います。なにより、映えますね!笑

ゆでたまごやアボカドを器にしてみる

サラダの盛り付け方の7つのコツとおしゃれなアレンジのアイデア(ゆで卵を器にサラダ)

ゆで卵を半分にカットして中身を盛り付けました。

同じ様な要領でアボカドの皮も器として使ってみても良いですね。

まずはこのキホンの7つのコツを押さえていただけたらOKです!

続いて、おしゃれなアレンジに挑戦してみてください♪

もっとおしゃれにカプレーゼサラダ盛り付け方のアイデア

「カプレーゼ」はフランス生まれのトマト、モッツアレラチーズ、バジルを合わせた料理です。

カプレーゼは一般的にスライスしたトマトを使用することが多いのですが、今回はもっとオシャレに可愛く盛り付けるのを意識して、プチトマトをくり抜いて竹串に刺してみました♡

くり抜いたトマトを器のようにした中に、丸いモッツアレラチーズを詰めています。

サラダの盛り付け方の7つのコツとおしゃれなアレンジのアイデア(カプレーゼ)

↑トマトとモッツアレラチーズの間にバジルを挟みました。

サラダの盛り付け方の7つのコツとおしゃれなアレンジのアイデア(竹串)

↑バジルをみじん切りし、上にレモンの皮をトッピングしました。

また、黒ゴマなどを添えて顔っぽくするのもありだと思います(○σ・v・)σ

くり抜いたプチトマトの中身はスープに入れてもいいですし、無駄なく使えるのがうれしいポイントですね。

カプレーゼって、レストランでの前菜のイメージが強くなかなか自宅でって難易度高そうと思っていたあなた!こちらなら意外と簡単に作って楽しめますよ~♪

インスタ映えすること間違いなしです♡

桃のカプレーゼサラダの作り方をレシピ動画でご覧ください

モッツアレラチーズと合うのはトマトだけではありませんっ!

実は、夏のフルーツも、カプレーゼサラダにぴったりなんですよ♡

SNSでも話題になっていたので、ご存知な方もいらっしゃるかもしれませんね。40秒のレシピ動画を作成しました。私たちのYoutubeチャンネルも是非チェックしてみてくださいね!

モッツアレラチーズが濃厚な味わいなので、トマトや桃や爽やかな青果物が合うと思います。自分好みの組み合わせをお楽しみくださいね♪

パーティーのときはどうする!?大人数向けサラダの盛り付け方のアイデア

パーティの時に、大皿にサラダを盛っても、とりわけもめんどくさいし、遠慮してしまってせっかく作った料理が残ってしまっても残念ですよね。

人数分に、もともと小分けに盛り付けておけば食べやすいですし、おもてなし感が一気にアップします!

おひとり分ずつディップサラダを盛り付ける

サラダの盛り付け方の7つのコツとおしゃれなアレンジのアイデア(ディップサラダ)

野菜スティックの下にディップを入れました。1人1つと分けるだけで自分だけの特別感が出ますよね。

野菜スティックの他、色々な色彩を層にする料理や、デザートを作ってみてもいいですね。

透明な器を使えば、横から見ても華やかに楽しめるのでおすすめです!

フォークに巻いてみる

サラダの盛り付け方の7つのコツとおしゃれなアレンジのアイデア(フォークに巻く)

1口ずつ食べられるように、野菜をフォークに巻いてみました。

どこに野菜?と思われるかもしれません。実はこのフォークに巻いたパスタ状のものが野菜なんです!作り方はこの記事内で詳しく紹介しますのでお楽しみに♪

野菜を花束のように盛り付けてみる

サラダの盛り付け方の7つのコツとおしゃれなアレンジのアイデア(サラダブーケ)

野菜を花束の様に包んでみてはいかがでしょうか。

華やかなサラダブーケにアレンジしてみました!

サラダを包むのはワックスペーパーなどのお料理向きで耐水性のある紙を使うのがおすすめです。

ちなみに、ブーケの中でピンクのお花っぽく見えるのがハムです。サラダブーケの中身で気になるハムの巻き方はこんな感じです。(下の写真をご覧ください)

サラダの盛り付け方の7つのコツとおしゃれなアレンジのアイデア(お花の形にハムの巻き方)

ハムを半分にカットして、くるくるっと巻くだけでOKです!!

キュウリもピーラーで縦に薄くスライスして、ハムと同じ要領で、くるくるっと巻いて出来上がり♪

せっかくなので、盛り付けに添える可愛いリボンなどあるとより一層華やかになりますね。

野菜をとして使う盛り付け方のアイデア

サラダの盛り付け方の7つのコツとおしゃれなアレンジのアイデア(きゅうりを器にして巻く)

きゅうりや大根や人参など大量に購入して消費が大変!いつも似たような料理になってしまう!って方も多いのではないでしょうか?

そんな方に是非真似して頂きたい、野菜自体を器にしてしまうテクニックをご紹介します!

きゅうりを器にサラダにする巻き方

サラダの盛り付け方の7つのコツとおしゃれなアレンジのアイデア(きゅうりの巻き方①)

きゅうりをピーラーで薄くスライスし、中にクリームチーズパプリカ人参パクチーを入れて巻きました。

サラダの盛り付け方の7つのコツとおしゃれなアレンジのアイデア(きゅうりの巻き方②)

今回は具材をくるくるっと丸めましたが、指2~3本にキュウリを巻き付けて、さらにもう一枚巻き付けると器になり、その中にお好みの具材(ポテサラやマリネなど)盛り付ける方法もあります。

また、もう少し大きめな器が良い方は、小鉢の底に巻き付けて大きめな器を作ることもできますよ!

きゅうり以外にも、ズッキーニや大根、人参など、スライスができる野菜なら何でも応用できますね。器や具材を変えて、自分だけのオリジナルを考えてみるのも楽しいです。

サラダの盛り付け方の7つのコツとおしゃれなアレンジのアイデア(きゅうりの巻きサラダ)

↑黒い色のお皿は食材の色味を引き立てスタイリッシュに見えます。また、高級感も出るので一枚あると大活躍です。

おもてなし用サラダに「わっ♡」と華やぐひと工夫を

皆さま「ベジヌードル」ってご存知ですか?

ベジパスタとも言いますね。その名前の通り、野菜の麺なんです。専用の調理器具が売っていますので探してみてください。盛り付けの幅がグッと広がりますよ♪

サラダの盛り付け方の7つのコツとおしゃれなアレンジのアイデア(ベジパスタの作り方)

こんな感じで作ります。ズッキーニ、人参をベジカッターでスライスしてみました。

ベジヌードル専用の調理器具のカッター部分に野菜をセットして、あとは野菜をくるくるっと回していくと、麺みたいに出てきます。

お子様と一緒に作ってみても喜びそうですね!(手は気をつけてくださいね)

鉛筆削りみたいなイメージです。笑

サラダの盛り付け方の7つのコツとおしゃれなアレンジのアイデア(ベジパスタ)

先ほどカットした麺に、ドレッシングを合わせ、パスタに見立ててみました。

パスタだとカロリーが気になって思いっきり食べれないけど、これなら思う存分食べられるし、パーティやおもてなしとして出したら、わぁー!ってなる事間違えなしですね!

その他、大根ならお鍋の〆に、じゃがいもなら素揚げしてお酒のお供に、人参ならきんぴらと同じ様な味付けにしてみてもお楽しみいただけます。

あとがき

今回はサラダをおしゃれに盛り付けるコツをご紹介しました。

ちょっとしたコツや工夫で、いつものサラダがぐっとおしゃれに作ることができます。サラダをおしゃれに可愛く盛り付けて、野菜をたっぷり楽しくお召し上がりくださいませ!

女子会やホームパーティ、お誕生日会など、おもてなしにぴったりです。ブログでご紹介した盛り付け方をお役立ていただけたら嬉しいです(*´˘`*)

ではでは、ブログを読んでいただいてありがとうございます!

今後とも私たちフードコーディネート事業部をよろしくお願いいたします。

料理写真の撮影サービスの詳細はこちら(担当加賀城)

The following two tabs change content below.
フードコーディネーター原田

フードコーディネーター原田

2017年入社。前職で働きながらフードコーディネーターの学校を卒業し、オージーフーズに入社しました。好きな食べ物はもつ鍋と甘平です。オージーフーズではじめて知った珍しいフルーツがいっぱい!甘平大好き!

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。