毎日食べたいフルーツをおしゃれに盛り付けて贅沢なデザートに!

こんにちは!オージーフーズのフードコーディネーターです♪

ホームパーティも増えてくるこの時期に、私たちがフルーツを盛り付ける時に大切にするポイントをご紹介しちゃいます(人◕ω◕)

毎日食べたいフルーツをおしゃれに盛り付けて贅沢なデザートに

毎日くだもの200g」と言われるほど、フルーツは私たちの食生活に欠かせない存在です。

いつも食べる身近なフルーツをおしゃれに盛り付けて、ちょっと特別なデザートプレートの一皿に仕上げてみませんか?

今日はフルーツをおしゃれに盛り付けるコツを、デザート用のアレンジ向けにご紹介いたしますね。

写真はすべて私たちフードコーディネート事業部が盛り付けと撮影をした写真です。皆様の食卓の参考にしていただけたら嬉しいです!

りんごを選ぶコツ&簡単な飾り切りの手順とは

まずご紹介したいのは、今が旬のりんご!

ちなみに、スーパーなど店頭で購入する時にいいりんごを選ぶコツは「しっかりとお尻の方まで赤く熟していてずっしり重たい中玉」がおすすめです。

あまーい果汁をたくさん含んでいますよ♪

ついつい大きいものを選びたくなっちゃいますが、ここはぐっと我慢を!(笑)

りんごの飾り切りといえば定番のウサギりんごなどがありますが、今回はりんごの皮の果肉のが彩り豊かに映える飾り切りの方法をご紹介いたしますね。

2STEPで出来るりんごの飾り切りに挑戦!が映える市松模様やストライプにアレンジする手順♡

STEP1 切り込みを入れる

ナイフで5mm程切り込みを入れて模様をつくります。

市松模様にしたかったら、写真のようにタテとヨコに切り込みを入れてくださいね。なるべく1マスが正方形になるような切り込みだと仕上がりがよりキレイにできます!

毎日食べたいフルーツをおしゃれに盛り付けて贅沢なデザートに!(りんご飾り切り手順1)

STEP2 不要な部分だけ皮を剥ぐ

1マスずつ空けながら、ナイフの角で皮を剥いていきます。

市松模様は交互に色があるのが美しい模様なので、ここで間違えて2マス剥ぎ取らないように気を付けてくださいね٩( ‘ω’ )و

毎日食べたいフルーツをおしゃれに盛り付けて贅沢なデザートに!(りんご飾り切り手順2)

市松模様の出来上がり♡

毎日食べたいフルーツをおしゃれに盛り付けて贅沢なデザートに!(りんご飾り切り)

線を斜めに入れれば、ストライプもできますよ♪

ストライプでも切る手順は同じで、斜めに切り込みを入れてから、ナイフの角で一部分だけ切り剥がすイメージです。

お弁当などに入れてもいいですね☆

りんごは色が変わりやすいので、剥いた後はレモン水にさらすことをお忘れなく!

フルーツはのせるだけでおしゃれデザートに見える!

毎日食べたいフルーツをおしゃれに盛り付けて贅沢なデザートに(バナナトースト)

ブルーベリーとバナナのオープンサンドを作りました。

作り方はと~っても簡単!

見ての通り、パンを薄く切って、焼いて、生クリームを塗った上にフルーツを置いただけ。作り方はシンプルで簡単なデザートですが、大きめのお皿の中央にちょこんと盛ると、なんだかカフェっぽいおしゃれな雰囲気が出ます。

この上からとろ~りはちみつをかけてもいいですね♡

あったか~い紅茶と一緒に味わいたい一皿です。

フルーツゼリーにフルーツをのせてみる

毎日食べたいフルーツをおしゃれに盛り付けて贅沢なデザートに(ブルーベリープリン)

グレープの2色ゼリーを作ってみました。

フルーツゼリーの上に、フルーツ素材そのものを置いてみるだけでも出来栄えがグッと華やかになります。

今回はグレープのゼリーの上にブルーベリーをのせて、色の系統を揃えてみました。

ゼリーの層とクリームの層で、二層になっているゼリーです。

こちらも作り方は簡単で、温かいうちに生クリームを入れることによって、自然と二層に分かれます!お試しあれ♪

スムージーにもフルーツをのせてみる

毎日食べたいフルーツをおしゃれに盛り付けて贅沢なデザートに(マンゴースムージー)

マンゴースムージーを作りました♪

下はヨーグルト、上はヨーグルトとマンゴーをミキサーにかけてそっと注ぐだけ。冷凍マンゴーなら1年中気軽に手に入るのでおすすめです。

その上に、ミキサーにかけないでおいたマンゴーをのせました。切り落としの端っこの部分でもこんな盛り付けアレンジが出来ます♪

背景にレシピ本を置いておしゃれ写真に。さりげない映り込みでインスタ映え演出ですね~(ノ≧ڡ≦)

フルーツの形と色を活かして盛り付ける

毎日食べたいフルーツをおしゃれに盛り付けて贅沢なデザートに(フルーツタルト)

こちらのフルーツタルトも作り方は簡単。市販のタルト生地にクリーム、ジャムを詰めた上にカットしたフルーツをのせました。

ここで気をつけたポイントは2だけ。

  • フルーツのを活かして立体感を出す
  • フルーツののバランスを意識する

いちごやキウイをタテに切って、高さ(立体感)が出るようにしました。

また、フードコーディネート全般の基本「」の色を使うと華やかに、美味しそうに盛り付けができますよ。

インスタなどSNSによく料理写真をアップする方は、ミントなどすぐにちょっと添えられる緑ものを常備しておくと良いかもしれませんね♪

フルーツのデザートを盛り付けるのにおすすめの容器

フルーツの形や色を活かしたデザートの盛り付けに一押しなのが、透明のグラス容器です!

上から見ても、横から見ても、彩り豊かなデザートが出来ます♪

盛り付け例 ピオーネパフェ

毎日食べたいフルーツをおしゃれに盛り付けて贅沢なデザートに(ピオーネパフェ)

下からジャム、生クリーム、皮を剥いたピオーネの実、バニラアイス、皮のままピオーネの実、仕上げにミントの順番で盛り付けました!

フルーツの皮を剥いたり剥かなかったり、それぞれの姿を活かした盛り付けです。

器が透明なので、パフェの断層を見せることができます。重ねて盛るだけでも豪華なデザートになりますね♪

パーティーや、ちょっと特別な日のご褒美デザートに使えるアレンジです。

盛り付け例 キウイスムージー

毎日食べたいフルーツをおしゃれに盛り付けて贅沢なデザートに(キウイスムージー)

流行りのスムージーもデザートとして楽しみましょう♪

器の底にフルーツを入れてからスムージーを注ぐだけ。バニラアイスをちょい足しして、カフェにありそうなフロート風にしてみました。

スタッフより

フレッシュなフルーツは美味しいだけでなく彩りも豊か!

おうちでデザートを盛り付ける時に、フルーツも一緒に添えてみてください。

ちょっとでもフルーツがあるとパッと華やかになるので、ヨーグルトにいれたり、スムージーとして飲んだり、普段の生活にぜひ意識して取り入れてみてください♪

料理写真の詳細ページをご覧ください(加賀城)

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7野村不動産南新宿ビル2階

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。