おせちをお重箱一段・二段重ね・三段重ねで盛り付け方をご紹介♪

こんにちは!オージーフーズのフードコーディネーターです。

今日はおせち料理お重箱に盛り付けるコツをフードコーディネーター視点で詳しくご紹介いたします。お家にあるお重箱が一段のとき、二段重ねのとき、三段重ねのとき、それぞれ実際に詰めてみました!

おせち料理をお重箱に盛り付けるコツをお重箱一段、二段重ね、三段重ねそれぞれフードコーディネーターがご紹介♪

巷ではおせちの販売が始まって、目にする機会も増えてきました。

やはりおせちを食べると、いよいよ新しい年が始まったと気が引き締まる思いがします。手作りする方、購入する方、ご家庭により様々なおせちがありますよね。

お重に詰めたり、お皿に盛り付けたり、最近では、洋風にスタイリッシュに盛り付けたおせちもよく見かけます。

その中でも今回は、難易度が高いと思いがちなお重箱への詰め方を中心におせち料理についてお話しいたします。

目次

おせち料理のお重箱は何段にする?

それぞれ地域により違いがあるようですが、伝統的なおせち料理は五段重(もしくは四段重)と言われています。

おせち料理の文化やマナーについて、詳しくは新人フードコーディネーターがブログに書いているこちらの記事もぜひご覧くださいませ♪

おせち料理の盛り付け方の決まり事やマナーについて、フードコーディネーターと一緒に確認しましょう!日本のお正月の大切な「食」文化の結晶と言えるのがおせち料理。おせち料理は名前から盛り付け方、お重箱や中に詰める品物にまですべてに大切な願いが込められているんです。

ここ最近、お店や通販で見かけるのは三段重が主流ですね。一人前分だけ詰めた一段おせちもあり、時代、生活習慣の変化とともに、おせち料理も変わってきています。

「絶対にこうしないといけない」と厳密な決まりはなく、おせち料理という食文化に込められた願いやマナーを大切に思う気持ちをもって、ご家庭に合わせて楽しみましょう♪

せっかくなら、お重箱に盛り付けて、年に一度のお正月気分を存分に堪能しませんか?

おせち料理をお重箱三段重ねで盛り付けるおすすめ方法

まずは、近年オーソドックスと言えるお重箱三段重への盛り付け方です。

壱の重にはこれ、弐の重にはこれという決まりもありますが、今回はきれいにカンタンに盛り付けできるコツをお伝えします。

おせち料理をお重箱三段重で盛り付ける方法
実際にお重箱三段重ねで詰めてみました♪

汁物は小鉢を使用する

おせち料理は詰めてからお正月の間しばらく食卓の上に並ぶので、汁物のおつゆが他の具材に染みないか心配になりませんか?

そんな時は、黒豆酢の物(なます)などを小鉢に入れておけば安心です。私は栗きんとんも小鉢に入れておきました。

具材を引き立てる素材や色で選ぶと、いっそう美味しそうになるのでおすすめです♪

普段の食卓で使っている小鉢を活躍させるのも良いですね!それぞれのお家オリジナル感がでます。

似た色の食材を左右前後に盛り付けない

色に関するフードコーディネートのコツです。

いくら海老」「だて巻き栗きんとん」などは、それぞれ別々の段のお重に入れると色のバランスがよくなります。

ハラン、ヒバ、南天などの葉物で仕切りと彩りを

仕切りを使用することで味移りもなくなり、おいしく食べられます。

また、葉物の「緑」が彩りの役目で重要です。

お料理を美味しそうに魅せるポイントは」の色のバランスとも言われるので、おせち料理で葉物の「緑」は欠かせない重要な存在なのですっ!

ひとつだけ要注意!お重箱に詰める食材の「数」

ここでひとつだけ気にしていただきたいのが「お重箱に詰める食材の数」です。

一切れずつになるかまぼこだて巻きなどを詰める際は奇数にするのがおすすめです。

ここだけは守っておきたいポイントで、偶数は割り切れる、別れる、縁起がよくないと言われています…。

最低限のマナーを押さえて、おせち料理を楽しみましょう♪

おせち料理をお重箱二段重ねで盛り付けるおすすめ方法

続いて、三段重ねと同じ要領でお重箱二段重ねで盛り付けしてみました。

おせち料理をお重箱二段重ねで盛り付けるコツ

盛り付けるコツは同じです。

  • 似た色の食材は別々の段
  • 似た色が前後左右にならないように配置
  • 仕切りの葉物で緑を差し色

あと、食材の数ですよ!

伊達巻も三切れ、牛蒡巻も五切れ、数の子も三本。しっかり奇数になるよう数えて詰めて並べました。

おせち料理をお重箱一段で盛り付けるおすすめ方法

そして、お重箱一段でおせち料理の盛り付けをしてみました。

お重のサイズは三段、二段の写真と同じです。一段だけなので、コンパクトに食材を詰めてみました。

おせち料理をお重箱一段で盛り付けるコツ
かまぼこが二切れになってしまっていますが、紅白揃えでおめでたいということで!

たくさんの種類を少量ずつお重に入れると、また違った雰囲気になりますね。海老の向きを変えるだけでも、がらっと違う雰囲気に。

おせちの種類、量で段数を変えてみてください。

また、和紙を添えるとグッとお正月気分が高まりますよ。ランチョンマット代わりに、お正月の間だけは和紙をしいてみるのはいかがでしょうか?

色や重ね方を変えて、様々な雰囲気を演出できます。ご家庭でも、お正月ならではのコーディネートを楽しんでみてください。年に一度ですから!

おせちの盛り付けにオススメの小鉢は?

おせちの盛り付けにオススメの器や小鉢

こちらの写真のような、小さなお皿をいくつか用意しておくと盛り付けに便利です。味移りもしないので、一品一品をおいしくお召し上がりいただけます。

ガラスの器は繊細で涼しげな印象になり、色つきの器は華やかで豪華な印象になりますね。

また、柚子の皮を使って器を作るのもおすすめですよ。

もうひとつ大切なコツ!おせち料理を盛り付けるのは食材が冷めてから…

忘れてはいけないコツが、作り立てのものを詰めるのではなく、冷めたものを詰めるということ。おせち料理だけではなく、普段作るお弁当を盛り付けるときでも一緒ですね。

冷たいものと熱いものが隣り合わせにあると、お互いに傷みやすくなってしまいます。

細かいことですが、これもおいしくいただくためのコツです。ひと手間加えて、おいしいおせち料理を堪能しましょう。

スタッフより一言メッセージ

年に一度しか食べる機会のないおせち料理。

せっかくなので、きれいに盛り付けて、目でも楽しみながらいただきましょう!

コツをつかむと、盛り付ける時間も楽しみになりますよ。

新年に初めていただく食事です。丁寧に盛り付けて食べると、今年一年おいしいものがたくさん食べられそうな気分になりますね。

ちなみに、今回のブログ記事に掲載した写真は、お取引先様のショップチャンネル様で販売したおせちセットを使って私たちが盛り付けてみました。

個包装で、ご家庭に合わせて盛り付けを楽しむことができ、ショップチャンネル様でも毎年大人気の逸品です!ぜひチェックしてみてくださいね。

料理写真の詳細ページをご覧ください(加賀城)

トップページへ

株式会社オージーフーズ〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7NOF南新宿ビル2階

  • Pマーク
  • 当社の個人情報保護方針は
    プライバシーポリシーをご覧ください。